favorit
デジタルとデータ革命により、私たちは自分好みのコンテンツを欲しいものだけ消費できるようになりました。消費者は、コンテンツを受け取る時間と場所、コンテンツを消費するためのデバイスを自
子ども一人でも作れるKraftのマカロニ&チーズ、牛乳を七色に染めるLucky Charmのシリアル、口の中で溶けるM&M's…。子ども時代に連れ戻してくれる製品は世の中にそう多くはありません。しか
2019年9月12日、東京では3年目、第3回目となる「ThinkContent Tokyo 2019」が開催されました。 「コンテンツの“最適化”でビジネスは加速する」と銘打って開催された今回は、ビジネスにコンテン
「SDGs」「プラスチック削減」「脱炭素社会への移行」...。 これらのワードをよく耳にする昨今において、多くの企業は、自社の事業を通した環境問題への対策を迫られています。しかし、逆を
あなたが私のように、昔のホラー映画やSF映画のファンならば、間違いなく「Svengoolie」を知っているはずです。 しかし中には「Svengoolieって何?」と疑問に思う人もいるかもしれません。第
以前、コンテンツがすべてのマーケティング活動の結合組織になっているという記事を書きました。 これを表現する「ハブアンドスポークモデル」という言葉もあります。 わかりづらいという
優れたマーケティング戦略には変動要素があります。そのうちの一つが、PRチームとマーケティングチームが協力して、何かの発表をしたり会社のニュースを共有したりすることです。もっとも一般的
より深い関係を築くこと。顧客を第一に考えること。顧客中心になること。 これらのテーマは現代のマーケティング担当者にとって最優先課題です。 しかし、規制が非常に厳しく、なおかつ何
Event
2019年9月12日、東京では3年目、第3回目となる「ThinkContent Tokyo 2019」が開催されました。 「コンテンツの“最適化”でビジネスは加速する」と銘打って開催された今回は、ビジネスにコンテン
「SDGs」「プラスチック削減」「脱炭素社会への移行」...。 これらのワードをよく耳にする昨今において、多くの企業は、自社の事業を通した環境問題への対策を迫られています。しかし、逆を
2019.07.30(火)開催
価値観の多様化やテクノロジーの進化で大きく変革する現在、企業を成長に導くマーケティング戦略を考察します。企業と顧客のコミュニケーションにおける「テクノロジー」の最先端、未来の顧客を
2019年9月12日、東京では3年目、第3回目となる「ThinkContent Tokyo 2019」が開催されました。 「コンテンツの“最適化”でビジネスは加速する」と銘打って開催された今回は、ビジネスにコンテン
「SDGs」「プラスチック削減」「脱炭素社会への移行」...。 これらのワードをよく耳にする昨今において、多くの企業は、自社の事業を通した環境問題への対策を迫られています。しかし、逆を
6558e3cada1b9ee4e4ca718bcbae49eee92b0fc1_2200.jpeg
2019.07.30(火)開催
価値観の多様化やテクノロジーの進化で大きく変革する現在、企業を成長に導くマーケティング戦略を考察します。企業と顧客のコミュニケーションにおける「テクノロジー」の最先端、未来の顧客を