Search

ストラテジー

コンテンツの効果を倍増させる「15の上級テクニック」

現在、多くのマーケティング担当者がコンテンツを飛び道具として利用していますが、真の結果を生み出すにはブログ記事をいくつも投稿するだけでは不十分です。私たちは、数人の経験豊富なマーケティング担当者に、コンテンツを次のレベルに引き上げられるようなテクニックを尋ねました。この記事では、その回答にいくつか当社のコンテンツテクニックを加えたものをご紹介します。

 

  1. ニュースレターの見出しは、記事の見出しと同じように作成してください。記事を読みたいと思わせるものがベストで、一番効果を発揮する見出しの長さは50文字以下です。Storyteller.rsによるアドバイス
  2. 「ここをクリック」「今すぐ見る」など、使い古されたCTAの決まり文句は避けましょう。可能ならば、ユーモアや意外性のある言葉を使い、オーディエンスがフォームを送信したり、ニュースレターを購読したくなったりするよう、説得力のある理由を与えてください。「今すぐチェックしましょう(後で私たちに感謝するはずです)」など、あまり堅苦しくない表現で試してみてください。
  3. 専門家のテクニック: 「調査結果、研究資料、または業界の最新動向に関する専門家の解説など、ニュース価値があるコンテンツを制作するときは、ストーリーをメディアに売り込むか、コンテンツを宣伝するためのプレスリリースを発行して、メッセージのリーチ範囲を広げるチャンスを追求します。新しいオーディエンスを獲得するには、コンテンツの中でニュース価値を捉え、そのストーリーを適切なジャーナリストやブロガーに伝えることが必要不可欠です」。- PR Newswire//MultiVu、コンテンツマーケティング担当バイスプレジデント、Sarah Skerik氏
  1. 長文のゲーテッド(ユーザーがメールや電話番号など何らかの個人情報を入力しないと閲覧できない)コンテンツは、「小出しにする」方法を使いましょう。素晴らしい長文コンテンツを公開したときに、オーディエンスがメーリングリストに加わってくれればベストですが、見出しだけでは彼らの気を引くことはできません。ブログ記事向けに優れたヒント(それ自体で有用なもの)をいくつか引き出し、eBook・ガイド・ホワイトペーパー完全版のダウンロードを促すコールトゥアクションを追加しましょう。
  1. ソーシャルメディアはタイムリーなコンテンツ配信に最適ですが、エバーグリーンコンテンツの存在を忘れてはいけませんBufferは、時間が経っても色褪せない記事をTwitter、Facebook、Google+、LinkedInに頻繁に再投稿することをお勧めしています。そうすることで、最初の公開日以降も効果を発揮し、毎回まったく新しいオーディエンスにリーチできるからです。
  2. 専門家のテクニック: 「多様なテーマで優れたコンテンツを作成するために、組織内でコンテンツに貢献したくなるような文化を生み出しましょう。各チームメンバーの役割や個人的な利益にもよりますが、社内にはあらゆる専門家がいます。こうした従業員に貢献してもらうことによって、彼らは調整された環境の中で自分自身の見解を述べることができるのです」- DNN、プロダクトマーケティング担当ディレクター、Dennis Shiao氏
  3. すべてのブログ記事にクローリングする価値があることを確認してください。Scalable Social MediaのAlisa Meredith氏がHubspotの「コンテンツテクニック: コンテンツの計画立案と作成に向けた34のヒントとコツ」(ダウンロードを推奨します!)で共有したように、すべてのブログ記事には少なくとも250×250ピクセルの画像を追加し、キャプションとデフォルトの画像の説明になるaltテキスト(代替テキスト)を付けてください。「検索エンジンクローラー」が理解しにくい内容だと、検索結果に表示されなくなってしまいます。
  1. 専門家のテクニック: 「コンテンツを投稿する前に、何人かにコンテンツを確認してもらいましょう。忙しいときは、Draftin.comのようなサービスを使うこともあります。この校正サービスは、たった6ドルで校正作業を行ってくれます」- Rick Ramos Consultingの創立者
  1. 編集カレンダーを作成しましょう。コンテンツを事前に計画して一目で確認できるようにすると、新しいアイデアが湧き出て、重要なトピックを確実にカバーし、一貫した公開スケジュールを維持することができます。
  1. 古いコンテンツを新しいフォーマットで再利用しましょう。素晴らしい基礎資料がすぐ手元にあるのに、また一から作り直す必要などあるでしょうか? たとえば、ホワイトペーパーはスライドショーに、トップ10のリストはインフォグラフィックに作り変えることができます。統計はInstagramやPinterestの投稿に、複数の関連ブログ記事はeBookに作り変えることができます。さあ、アイデアは浮かびましたか?
  1. 専門家のテクニック: 「最近の見込み客は、10ページのホワイトペーパーや長文メールを読む時間(または忍耐)がありません。ですが、マーケティング担当者は、自社の見込み客の注目を即座に集めなくてはなりませんよね。そのためには、ホワイトボードスタイルの画像を活用して、魅力的かつ効果的な方法でストーリーを伝えましょう。ホワイトボードスタイルの画像は、複雑で抽象的な考えをよりシンプルで具体的に示してくれます。そのため、見込み客の「古い脳」(脳で意思決定を行う箇所)に訴求するコントラストを生み出し、その結果、見込み客はいつもと違うことを行い、あなたの会社が販売している製品やサービスを選択してくれます」- Corporate Visions, Inc.、最高戦略・マーケティング責任者、Tim Riesterer氏
  1. KissMetricsがシェア数を向上させる素晴らしい方法を紹介しています。コンテンツ全体に「クリックしてツイート」というコールトゥアクションを追加するという方法です。この方法を使えば、記事内にコールトゥアクションを追加することができます。Click To Tweet WordPressプラグインを使用してもいいですし、ClickToTweet.comサービスを使用して手動で作成するのもいいでしょう。
  2. 専門家のテクニック: 「キーワードリサーチツールは、コンテンツの最適化を簡単にするだけでなく、オーディエンスが興味を持っているトピックを理解する手掛かりを与えてくれるものです。編集カレンダーに記入できるようなコンテンツのアイデアを思い付いたら、 Ubersuggest.orgのようなツールを使ってみましょう。さらに幅広いキーワードを探ることができ、思い付きもしなかった様々なフレーズを把握することができます。そうすることで、人々がすでに検索しているトピックのコンテンツを編集カレンダーに記入でき、キーワードで上位にランクインすることができるでしょう」- Brainshark.com、コンテンツマーケティング担当ディレクター、Brendan Cournoyer氏
  1. これはコンテンツの計画立案にも役立つ方法ですが、読者が楽しみに待ってくれるような、一貫したテーマやシリーズ(例: 「Wordless Wednesday(水曜日恒例:言葉が要らないほど美しい写真)」や「Friday Q&A(金曜日恒例: 一問一答)」)をブログに取り入れましょう。
  1. MarketingProfsの最高コンテンツ責任者であるAnn Handley氏は、自社のファンが自社について語ったコンテンツを活用するように勧めています。「あなたの会社に関するコンテンツを作成しているファンのソーシャルフィードをモニタリングしてください。そしてファンから公開する許可をもらったら、自社のフィードでそのコンテンツを再公開しましょう。これによって、自社の顧客を讃えて主役に据えると同時に、関連性の高いコンテンツを自社のオーディエンスにシェアすることができます。まさにWin-Winです」。

 

以上のコンテンツテクニックを理解したら、コンテンツを使って大成功を収めましょう!他にもコンテンツテクニックを知っているという方は、ハッシュタグ#NCContentHackを使って、@NewsCred宛にツイートしてください。

 

Dawn PapandreaはNewsCredの寄稿者です。

 

元記事「15 Advanced Content Hacks to Boost Your Blog」は2013年9月5日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのDawn Papandreaが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。