favorit

Search

大谷 和利の検索結果
現在のようにコンテンツマーケティングが注目される以前から、ユーザーが求める情報を意識したコンテンツ提供を、自前の紙媒体とWeb上で行ってきた富士通株式会社。同社は、アマナが日本でのエ
前編では、コンテンツマーケティングの取り組みを始めたきっかけから富士通株式会社のオウンドメディア「FUJITSU JOURNAL」のコンテンツ戦略までを語っていただきましたが、後編では鼎談形式でN
ミキハウスが、「出産準備サイト」というわかりやすいネーミングのオウンドメディアを開設したきっかけは、実際に社員の方が我が事として感じた、初めての妊娠や出産、子育てに対する不安からで
「ドラゴン桜」をはじめ、人気マンガのキャラクターもコンテンツとして並ぶ大和証券株式会社の「SODATTE」は、同社の社名や「マネーレッスン」などのカテゴリー名を見なければ、金融機関のコン
去る5月21日、電通主催によるイーコンサルタンシーのマーケティング関連レクチャーイベントが開かれた。イーコンサルタンシーは、デジタル時代におけるマーケティングの在り方を再定義し、そこ
コンテンツマーケティングにおいて核となるのは、消費者と企業・ブランド間のエンゲージメントです。そこで本コラム『デジタル・エンゲージメント』では、テクノロジーライターの大谷和利さんが
テクノロジーライターの大谷和利さんによる、本コラム『デジタル・エンゲージメント』。毎回ひとつのブランドを取り上げ、マーケターたちが創造性を駆使して編み出したエンゲージメントを高める
コンテンツマーケティングにおいて核となるのは、消費者と企業・ブランド間のエンゲージメントです。そこで本コラム『デジタル・エンゲージメント』では、テクノロジーライターの大谷和利さんが