Search

インスピレーション

ストーリーテリング、スケール、アクション: APACのコンテンツマーケティングイベントで学んだ3つのポイント

NewsCredは最近、アジア太平洋地域に大きな投資をしました。シドニーから東京に至るまで、パートナーシップを結び、現場に投資したのです。なぜならこの地域は、エンタープライズコンテンツと統合型マーケティングプログラムの両方を成熟させ、拡大できる可能性が非常に高いからです。

NewsCredがシンガポールのContent Marketing Summit(CMS)と提携して講演のために招待されたとき、私たちは地域のトップブランドからマーケティングの課題と業績に関する情報を得られることに興奮しました。CMSでは、Netflix、Intel、Honeywell、Cisco、Dolby、P&Gなどのマーケティングリーダーたちが集まって、コンテンツを使ってビジネスを変革する方法について話し合いました。

アジアとオーストラリアのブランドは、企業全体で規模を拡大させ、業績を推進する並外れたコンテンツを作成することに注力しています。

Ciscoのマーケティングマネジメント担当ディレクターのRashish Pandey氏が率いるチームは、次の3点に重点を置いていると説明しました。

  1. ストーリーテリング
  2. スケール
  3. アクション

これらのコンセプトは、終日プログラミングにポップアップし、マーケティング事業全体で生産されるコンテンツの規模、可視性、パフォーマンスを向上させるというNewsCredのミッションと完全に一致します。以下より、これらの各トピックに関連する重要ポイントを紹介しましょう。

 

1. ストーリーテリング: 「退屈させない!」

起き抜けにコーヒーを飲んだけどまだ眠いという人でも、このメッセージをスクリーンで見たら間違いなく目覚めるでしょう。このスライドは、Netflixのパートナーマーケティング責任者であるDipashree Das氏によるセッションの最後に映し出されました。Netflixのコンテンツが退屈だと非難する人はいませんが、Dipashree氏の警告は他の多くのブランドにとって真実味がありました。

彼女は私たちに「最高のストーリーとは何か? 顧客や見込み客がそのストーリーを気にする理由は何か?」を考えるように求めました。そしてNetflixの戦略は、「統合型チャネル計画」のような流行語を超えて、あたかも同じファンのように自社のファンに話しかけることに焦点を当てていると語りました。テレビ番組『Friends』がシンガポールでストリーミングされることを発表したNetflixの動画を見てみましょう。

「あなたのオーディエンスが情熱を持っているものを見つけて、その精神に触れましょう」とDipashreeは結論づけました。

 

現在シンガポールでストリーミングしている「Friends」

 

あなたの製品が『Stranger Things』や『Orange is the New Black』のように、ファンが喜びそうなものであれば、ファンとつながるのは簡単かもしれません。しかし、洗濯機のように楽しさとかけ離れたものを売っている場合は、退屈させない方が難しいでしょう。

Electroluxのアジア太平洋地域CMOであるDalia Feldheim氏は、同社が家事に関する製品をエキサイティングなコンテンツに翻訳することに苦労したと話していました。彼はまず、顧客が情熱を傾けていることについて考えます。そして、人々が洗濯をすることに情熱を持っていなくても、(とくに一部の国では)自分たちの服には間違いなく情熱を傾けていることに気づいたのです。Dalia氏は、世界で一番服にお金をかけているのはオーストラリアだと紹介しました。Electroluxは、このインサイトにもとづいて(洗濯のファンではなく)あたかも服のファンのように顧客と話すことができました。

 

【NewsCredによって、ブランドがどのように並外れたコンテンツを作成できるのかをご覧ください】

 

2. スケール: 「グローバルに物事を考え、ローカルに合わせて行動する」

シンガポールは多国籍で多文化な国として有名ですが、シンガポールのCMSはその完璧な縮図でした。会議は、インドとシンガポールの独立記念日のお祝いから始まり、オーディエンスは一日中イスラエルからタイに至るまでのコンテンツにさらされました。誰もがさまざまな市場でコンテンツの取り組みをどのように拡大するかという大きな疑問を抱いているので、驚くべきことではありません。

非常に多くの人がその疑問を持っていたので、イベントが以下のセッションを開催したほどです。

  • ブランドがコンテンツマーケティングの取り組みを拡大する方法
  • 複数の市場にまたがるコンテンツ配信の成功事例
  • 地域と文化のニュアンスを管理する方法

あるオーディエンスが、セッションの最後に「数あるデジタル資産をどのように管理し、世界中に展開しているのですか?」とRashish Pandey氏に質問しました。Rashish氏は、Ciscoのコンテンツ資産が「世界中のあらゆる場所に存在している」課題について語りました。彼のチームは、「強制コラボレーション」と、資産ライブラリやテクノロジースタックの極めて厳密な管理によってこの課題を解決したと言います。

Rashish氏は、さまざまなチームがコンテンツを要求していることから、企業の成長はテクノロジースタックの量によって左右されると主張しています。近年、Ciscoは技術パートナーを可能な限り合理化することによって、作成するコンテンツと世界中のさまざまな市場でコンテンツがどう機能しているかを詳細に把握しています。

ローカルで機能するグローバル資産を生み出しているDolby Laboratories。同社で新興市場向けマーケティングシニアディレクターを務めるAshim Mathur氏は、知名度は高いものの事業内容がほとんど知られていないブランドのコンテンツを作成するうえで、同様の課題に直面しているようです。Dolbyは、普遍的な体験に触れるローカルコンテンツで、ブランドストーリーをどのように面白く伝えるかを考えています。彼らは手に入れやすい消費者向け製品を販売しているわけではないので、目標を達成するのはなかなか難しいことです。Ashim氏は、「スポーツを一緒に見ている家族や友人」という世界的に関連性の高いストーリーを生み出す動画を共有しました。

 

【NewsCredの技術によって、ブランドがコンテンツマーケティングをどのように拡大できるかをご覧ください】

 

3. アクション: 「お金を見せて!」

セッションに参加しているほとんどの人たちがストーリーテリングについて情熱を共有しました。そして、Exnessのコンテンツマーケティング責任者であるJoseph Jones氏の「最終的にあなたの上司は『その成果を見せろ』というでしょう」という言葉に大きくうなずきました。

Clozetteの創設者 兼 CEOであるRoger Yuen氏はJoseph氏に同意し、「取り組みを証明するためには、追跡可能な状態にしなければなりません」と付け加えました。さらに「マーケティング担当者にとっては、投資に対する何らかのリターンを見つけなければならないのが一番の課題です」と続けました。

他の発表者たちも、CMOと意思決定者は測定と報告に重点を置くべきだと合意しています。

  • AONのマーケティングディレクターであるAngelyn Varkey氏は、「コンテンツに起因する売上」は彼女の上司が非常に気にすることだと指摘しました。
  • Honeywellのアジア太平洋地域マーケティング担当責任者であるLynn Huang氏は、「経営幹部レベルに話すのは、売上高や最終的な収益のことです」と話しました。
  • Rashish Padney氏はROIが重要であると述べ、「コンテンツマーケティングのROIを測定するのは難しいです」と付け加えました。
  • Space Matrixのマーケティング担当グローバル責任者であるFiza Hasan Malhotra氏は、コンテンツマーケティングエージェンシーやパートナーを探す際に、「最も効果的なチャネルと売上を伸ばす方法をどのように説明しているのですか?」と質問しているそうです。
  • ST Engineeringのマーケティング担当VPであるSophia Ong氏は、実際の売上を促進するためにコンテンツを使用するという究極の目標について話しました。彼女たちが組織内で自問自答している質問は、「ROIを追跡していないのならば、どのように把握しているのか?」ということです。

Sophia氏は、映画『ザ・エージェント』で主人公のJerry Maguireが「Show me the money!」と何回も繰り返す有名な場面のスライドを使って私たちに訴えました。

 

 

これらの会話から得られたのは、全員がROIの重要性を理解しているものの、測定する方法を正確に理解している人は誰もいないということです。

NewsCredは堅牢なプラットフォームを開発し、独自の方法論を持っています。そのため、私はコンテンツマーケティングの測定について具体的に話すことができるのです。私たちは常に「最終的な目標はコンテンツ制作が上手くなることではない(確かに当社はコンテンツ制作が上手いですが)。コンテンツを使用してビジネスを上手く運用することだ」と話しています。

私は、新規訪問者からセールスファネルのクオリファイドリードに至るまで、フレームワークを使ってNewsCredでコンテンツジャーニーを測定する方法を共有しました。当社のソフトウェアと方法論を使用すれば、実際の金額がどのコンテンツに起因するものかを把握することができます。

 

Screen Shot 2017-09-10 at 3.22.11 PM.png

 

重要なポイント

CMSのオーディエンスは、化粧品から投資銀行、航空宇宙工学に至る、あらゆる分野に焦点を当て、幅広い業種や業界から集められました。彼らの出身国は、イスラエル、インドネシア、マレーシア、オーストラリアなどさまざまです。製品や経歴は違いますが、彼らは魅力的なコンテンツを作成して最終的な収益を測定することに関する共通の課題と優先事項を共有しました。

今回のイベントは、マーケティング分野のリーダーと知り合う機会をNewsCredに与えてくれただけでなく、アジア太平洋地域はチームを統一してマーケティングパフォーマンスを向上させる当社の創発的戦略に最適な地域であるという理論を裏づけてくれました。アジア太平洋地域は市場の成熟と熱意によって、初めての堅牢な統合型コンテンツマーケティングツールを立ち上げるのに最適な場所です。

アジア太平洋地域で当社のサポート内容について知りたい方は、こちらよりお問い合わせください。

 

参考記事:

 

Esti FrischlingはNewsCredのAPACのリージョナルマネージャーです。

 

元記事「Story, Scale & Action: Our Takeaways from APAC’s Biggest Content Marketing Event」2018年8月31日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのEsti Frischlingが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。