favorit

UGC(ユーザー生成型コンテンツ)とは?マーケティングに取り入れるポイント

1960年、テレビには3つのチャンネルしかありませんでした。だからこそ広告も簡単でした。しかし今、あなたの顧客(とくにミレニアル世代)はソーシャルメディアに多くの時間を費やしています。ソーシャルメディアが爆発的に広まり、Snapchatでは1日あたり7億以上、Instagramでは300億以上の写真がシェアされ、Pinterestには50億以上がピンに追加されています。これらはいずれも、ユーザーが生成したコンテンツ(UGC)です。

ソーシャルメディア上で成長が見られない企業は、偽物/スパムを感じさせる画像を使用している企業です。信憑性のないビジュアルコンテンツは、際立ってしまいます。

信頼できる関係性を作るには、UGCを活用することが一番良い方法なのです。

 

親近感がなければならない理由

 

出典:2014NewsCredミレニアル世代調査

 

信憑性は、ブランドロイヤルティと購買行動を生み出す大きな原動力

いくつかの調査では、(実際に信憑性があるのか、顧客がそう判断しただけかどうかにかかわらず)信憑性は売上に影響を与えることができると証明しています。たとえば、コーネル大学の調査によると、メニュー名が地理的または文化的に実在する名称のほうが、常連客の注文回数が増え、より美味しくなったという感想を述べたそうです

 

出典: New York Times + BonFire Marketing

 

重要ポイント

  • 親近感のあるコンテンツを配信するためには、あなたのオーディエンスを理解することが必要不可欠です。
  • 顧客に信頼されるためには、彼らの言葉で話すことを学んでください。

 

UGCが持つ影響力

 

出典: eMarketer

 

UGCによって、すべての主要なデジタル広告プラットフォームはネイティブアドに移行しています。ネイティブアドは、コンテンツの中で自然に溶け込んだように感じる広告です。ネイティブアドへの移行は、ソーシャルメディア上でUGCが流行したことから生じました。そのため、Facebookは非常に大きな成功を収め、2014年の第4四半期には35億9,000万ドルもの広告収益を得ました。これは主にニュースフィードに表示される、とても自然で効果的な広告形態であったからです。

その後Twitter、Pinterest、Tumblr、Snapchat、Instagramが、Facebookと競合する広告プラットフォームを構築。それらプラットフォームの特性からわかるように、信憑性の高い、ビジュアル表現に富んだネイティブアドが注目されています。

 

Instagram advertising quote

「私たちの目標は、あなたがすでに楽しんでいる写真や動画と同じように、Instagramで自然な広告を生み出すことです」

 

SNS上で、信憑性が高く、親近感があると感じさせるコツは、実際のUGCを投稿することです。

実際のUGCとは、あなたの顧客が撮影した写真とコンテンツのことです。誰もが偽物っぽさを感じるストックフォトを嫌います。オーディエンスは、本物の写真を使用するブランドにエンゲージします。

下記のアイマップは、消費者が信憑性の高い写真に注目し、無関係に見えるストックフォトに全く興味を示さないことを示しています。

 

Nielson Norman Eye tracking

出典: Nielson Norman Group

 

ケーススタディ: Harrington Movers

ニューヨークの引っ越し業者であるHarrington Moversは、ストックフォトではなく実際のユーザー生成型写真を自社サイトに使用することで、業績が47%向上しました。これにより収益が月に1万ドルも増加しています

 

出典: Visual Website Optimizer

 

マーケティング担当者がUGCを使用して直面するマーケティング課題

企業はマーケティングのために高品質のUGCを手に入れようとしますが、それは思っているほど簡単なことではありません。UGCを調達するにあたって以下のような問題が起こりえます。

Google画像検索

  • 多くの企業は、ソーシャルメディア、ブログ記事、またはその他のコンテンツで使用するために、Google画像検索で出てきた画像を手当たり次第に盗んでしまいます。
  • しかし、商用利用は違法です。
  • 著作権法のフェアユース(公正な使用)はあなたの会社を守ってくれるものではありません。
  • Vogueなどのブランドや人気のブログは、写真家の作品を無許可で使用したせいで訴えられるという怖い目にあいました。

Instagram

  • 世界中のコンテンツを調達するために#ハッシュタグを付けたフォトチャレンジ(毎日違う題に沿って写真を投稿)を実施するのは、一般的なソーシャルメディアの慣行です。
  • しかし、#ハッシュタグの題を管理したり、商用利用できる写真を選別したり、写真家からライセンスを取得したりすることは、非常に難しく時間がかかります。
  • ソーシャルメディアで見つけた画像の使用許諾やライセンシングする苦労を経験せずに、写真をマーケティング活動に使用することはできません。

結論: UGCを適切に調達することは、相当の時間がかかり、法的に困難です。

 

Twenty20 Stock Images

出典: Twenty20

 

使用可能なUGCを調達する方法

  • あなたが必要とするコンテンツを作っているユーザーに簡単にアクセスできる方法を見つけましょう。
  • 法的な境界を把握しましょう。UGCの使用権を明確に定義するソースを参照してください。
  • Twenty20は25万人以上の写真家を抱え、法的に健全なUGCにアクセスできる場所を提供しています。

4,500万枚以上のUGCを使えば、SNS上でも自然だと感じられるコンテンツを手に入れることができるのです。

  • 数百万ものロイヤリティフリー写真があります。
  • 専門家によってレビューされています。

現在、Twenty20のUGCは、シームレスな状態で世界を先導するコンテンツマーケティング・プラットフォームのNewsCredに統合されています。ブランドがこれを活用すれば、ひとつのプラットフォーム上で最高品質のビジュアルコンテンツやエディトリアルコンテンツを制作し、オーディエンスが欲しがるコンテンツにブランドをエンゲージさせることができるでしょう。

 

この記事はNewsCred BlogのNewsCredが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
ブランドに焦点を当てたこの記事は、ロンドンを拠点としたNewsCredのヨーロッパチームが作成しました。 2017年、全インターネットトラフィックの約4分の3を動画が占め、その割合は2020年まで
誰の人生にもストーリーがあります。Dave Isay氏がStoryCorpsを立ち上げたきっかけも、そうした考えが根底にあったからです。StoryCorpsは、一般の人たちのインタビューを史上最大規模で集めて
NewsCredの顧客から、ときどき、もっと宣伝的なコンテンツや製品の直接的なタイアップコンテンツの作成を手伝ってほしいと依頼を受けることがあります。 また、一部の経営幹部からは、「私
コンテンツマーケティング担当者は、マーケティングの舞台を街の通りやスタジアム、地下鉄、バス停へと移しつつあります。大多数のマーケティング担当者がブランドを構築するためにコンテンツを
2015年、最高のプラクティスがストーリーテリングだったことは、周知の事実です。では、コンテンツマーケティング担当者が、話題をさらったドラマから学べることは何でしょうか。私は、2015年2
ブランドが際立った存在になるためには、コンテンツに意義を持たせる必要があります。これは、2018年を生きている広告・マーケティングの専門家にとって予想外なことではありません。それよりも