favorit

タイトル重視のSEO:コンテンツマーケティングでSEOを意識するための4つのポイント

CopyBloggerによると、読者の80%はヘッドライン(見出し)だけ読んで離脱するといいます。しかし、インターネットユーザーの90%以上が、検索エンジンで毎月新しい情報を探しているのです。そのため、ヘッドラインの中にSEOキーワードを入れ、ターゲットオーディエンスが探し求める内容に応えなければ、価値のあるコンバージョン、クリック率、コンテンツマーケティングROIの向上を取り逃してしまうかもしれません。

SEOを考慮してヘッドラインを書くのは難しいことではありませんので、骨の折れる仕事と捉えないでください。「SEO向けにヘッドラインを書く」ことは、オーディエンスに向けて自分のコンテンツ内容を効果的に説明することです。優れたSEO向けのヘッドラインは、読者の注意を引くと同時に、コンテンツの本質を強調してくれるでしょう。

 

SEO headline writing

見出しで新聞が売れるんじゃない。ニュージーズ(ニューヨークの新聞販売少年)が新聞を売るんだ。

 

あなたの目標は、オーディエンスが読みたくなり、Googleが高くランク付けしたいと思うヘッドラインを書くことです。

この記事では、フック(人を引き付ける言葉)を維持しながら、SEOを強化するヘッドラインに書き換える方法を紹介します。理想は、記事を書き始める前にプロセスを開始することですが、新しい調査によると、SEOのヘッドラインを最新の状態に保つために、過去記事のヘッドラインに以下の手順を適用すると良いそうです

1. オーディエンスが好む検索用語にもとづいてコンテンツ戦略を策定する

あなたが使用すべきキーワードが特定できれば、SEO向けのヘッドラインを書く作業はずっと簡単になります。みなさんが読んでいるこの記事にも、NewsCredのコンテンツマーケティング戦略に従って、特定のキーワードやフレーズがヘッドラインに含まれています。そのため、Googleで上位にランクインすることができるのです! キーワードを特定したら、それらのキーワードに関する記事を5~10本執筆しましょう。その記事には、必ずヘッドラインに入れたキーワードを反映させ、読者に生きた情報を提供してください。単にキーワードや業界用語をいっぱい詰め込むだけでは効果はありません。

2. 最初にヘッドラインを書き、キーワードを手元に置いておく

優れたヘッドラインは、記事を書き始める前に準備されているものです。キーワードリストを常に手の届く所に置いておくか、いつも念頭に置いておきましょう。そして、記事に取りかかる前に、SEOフレンドリーなヘッドラインを作りましょう。このプロセスは、1)目の前のトピックに集中すること 2)キーワードを優先させた状態で執筆時の創造性やアイデアを刺激すること 3)Googleや多くの不確定要素に関して、すべての努力を水の泡にしないこと ーー という3つの目的を果たしてくれます。執筆前にキーワードリストが手元にあると、ヘッドライン、ページタイトル、書き出し、パラグラフなどのスイートスポットや、ストーリーを通してキーワードを散りばめることができるのです。

 

SEO headline writing

 

3. ヘッドラインを少なくとも3回書き直す

これはまさに金科玉条です。書く仕事をしている人なら誰でも、執筆後や編集後にあら探しをされる気持ちがどのようなものか知っているでしょう。SEOを向上させるヘッドラインを書くための最後のステップは、少なくとも3回書き直すことです。言葉を入れ替えるべき箇所はあるでしょうか? どのようなフレーズが一番効果的でしょうか? トップキーワードを含む優れたフックは何でしょうか? 小見出しがあるなら、SEOのパワーを高めるために、関連検索用語を含めてみましょう。私たちは、CoScheduleのようなツールを使って見出しを有効活用しています。また、WordPressを使うNewsCredソフトウェアユーザーは、Yoastを使うこともできます。Yoast は、プラットフォームに直接組み込まれており、SEOランキング向上に向けてコンテンツを自動的に評価します。

SEO headline writing

 

4.ソーシャルメディアの投稿を補助的なA/Bテストとして使用し、含めるべきキーワードを確認する

ソーシャルメディアは、オーディエンスに溢れた非常に効果的な試験場です。彼らがあなたのコンテンツを気に入らなければ、ソーシャルメディアチャネルでフォローをしてくれません。そのため、キーワードが含まれているヘッドラインをTwitterやFacebookに投稿して、最も「いいね」、コメント/返信、トラフィックを集めたバージョンを確認してください。これによってヘッドラインを変えるべきか、今後別のフォーマットやキーワードを使用すべきかがわかるようになるはずです。

私たちはコンテンツ最適化の最盛期に生きていることを忘れてはいけません。大したことではないように感じるかもしれませんが、SEO向上に向けて何回も見出しを編集できるのは、とても恵まれたことなのです。

 

SEO headline writing

 

元記事「How to Write Content Marketing Headlines to Improve SEO」は2015年6月29日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのNewsCredが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
ブランドに焦点を当てたこの記事は、ロンドンを拠点としたNewsCredのヨーロッパチームが作成しました。 2017年、全インターネットトラフィックの約4分の3を動画が占め、その割合は2020年まで
誰の人生にもストーリーがあります。Dave Isay氏がStoryCorpsを立ち上げたきっかけも、そうした考えが根底にあったからです。StoryCorpsは、一般の人たちのインタビューを史上最大規模で集めて
NewsCredの顧客から、ときどき、もっと宣伝的なコンテンツや製品の直接的なタイアップコンテンツの作成を手伝ってほしいと依頼を受けることがあります。 また、一部の経営幹部からは、「私
コンテンツマーケティング担当者は、マーケティングの舞台を街の通りやスタジアム、地下鉄、バス停へと移しつつあります。大多数のマーケティング担当者がブランドを構築するためにコンテンツを
2015年、最高のプラクティスがストーリーテリングだったことは、周知の事実です。では、コンテンツマーケティング担当者が、話題をさらったドラマから学べることは何でしょうか。私は、2015年2
ブランドが際立った存在になるためには、コンテンツに意義を持たせる必要があります。これは、2018年を生きている広告・マーケティングの専門家にとって予想外なことではありません。それよりも