favorit

ブランドのInstagram戦略: エンゲージメントと売上の向上につながる参考事例

進化し続けるソーシャルメディアの世界で、Instagramはブランドにとって驚くべきビジネスポテンシャルを秘めたプラットフォームとして君臨し続けています。

Facebookが行った変更により、莫大な資金を投資しなければニュースフィードに表示されなくなってしまいましたが、(Facebookが所有する)Instagramは魅力的な代替手段を提供しています。ストーリー、ブランドの新しい広告オプション、美しいビジュアルといった機能を備えるInstagramは、コンテンツマーケティングに最適だといえるでしょう。

Instagramによると、8億人の月間ユーザーのうち80%以上が、2,500万件ものビジネスアカウントをフォローしており、1日に2億人はビジネスアカウントにアクセスしています。さらに、ソーシャルネットワークのデータによると、「ビジネスアカウントのプロフィール欄を訪問したユーザーの3分の2は、その企業をフォローしていない人々」だそうです。こうした事実からわかるのは、Instagramを経由して新しいファンやフォロワー、そして顧客を誘致する可能性が無限にあるということです。

マーケティング担当者は、さまざまな目標達成のためにInstagramの戦略をコンテンツマーケティングプログラムに組み込むことができます。この記事では、その方法について詳しく紹介します。

 

目標: 忠実な支持者によるコミュニティの構築

 

Screen Shot 2018-02-19 at 12.48.15 AM.png

 

戦略: ターゲットオーディエンスとのパーソナライズされたコミュニケーション手段を確立する

実施内容: Infatuationは、早くからInstagramのインタラクティブな力を認識していたブランドです。同ブランドは、ユーザー生成型コンテンツ(UGC)の作成を促し、ハッシュタグ#EEEEEATSを使って制作してくれた人々を賞美することで、駆け出しのコミュニティを数百万ものフォロワーネットワークへと成長させました。「多くのブランドが、Instagramを単に自社の広告や宣伝の場として扱っています」と共同創立者のAndrew Steinthal氏が昨年、私たちに語ってくれました。「しかし、オーディエンスを巻き込み、彼らをあなたの世界に取り込む方法を見つけることができれば、Instagramにははるかに多くの価値が眠っていることに気づくでしょう」。

現在、多くのブランドがフィードの充実とオーディエンスを確立・誘致・吸収するための手段として、ソーシャルメディア上でユーザーの写真・ファンアート・その他のUGCをシェアしています。その結果、ユーザーの60%が、UGCをもっとも真正な(そして影響力のある)コンテンツだと捉えています。14万5,000人以上のフォロワーを持つClif BarのInstagramアカウントも、そのおかげで、息をのむような自然や野外の写真で埋め尽くされています。これらの写真はすべて、熱狂的なファンが#FeedYourAdventureというハッシュタグと共に投稿したものです。それによって、ブランドは世界各国の素晴らしいビジュアルを直接的に届けてもらうことができ、投稿したオーディエンスは自分の作品が閲覧されることで高い評価を受けていると感じることができるのです。

 

冬のヨセミテ渓谷は魔法のように美しい。CLIFファンである@Katiecmansfieldが撮った素晴らしい写真です。冒険を楽しんで!#FeedYourAdventure

2017年12月20日午後4時13分(PST)にclifbar(@clifbar)がシェアした投稿

 

考慮すべきこと: 「非常に重要な第一歩は1対1のコミュニケーションです」とSteinthal氏は言います。「個人的なレベルで人々とつながれば、彼らはあなたのブランドを支持してくれるでしょう。プログラミングされたロボットのような話し方ではなく、友達と話すようなイメージで人々に話しかけましょう」。

 

目標: ブランドの認知度向上

 

Screen Shot 2018-02-19 at 12.48.59 AM.png

 

戦略:  インフルエンサーマーケティングに投資する

実施内容: 「インフルエンサーは、測定可能な真の価値をブランドにもたらします」とインフルエンサーマーケティングエージェンシーObviouslyのCEO兼創立者であるMae Karwowski氏は言います。Karwowski氏によると、ソーシャルメディアインフルエンサーに協力を仰ぐ際にブランドが考慮すべき3つの重要な要素は、特定、管理、測定です。ブランドは、インフルエンサーの潜在的なフォロワー数を分析し、彼らのオンラインの行動、エンゲージメントレベル(いいね・コメントの数、クリック率)、人口動態データ、一般的な関心事に注目し、自社のターゲットオーディエンスと一致するかを確認しなくてはなりません。

クリエイティブなキャンペーンに取り掛かるのはその後です。インフルエンサーは、彼らのフォロワーからすでに獲得している信頼性によって、ブランドのメンション数からスポンサード投稿や詳細なレビュー投稿まで、アイテムや企業を薦めてブランド・製品・サービスにスポットライトを当てることができる存在です。ForbesによるとInstagramテイクオーバー(自社のInstagramアカウントを他の個人に期間限定で使ってもらうこと)でスーパーモデルのKarlie Klosses、オルタナティブR&BシンガーのThe Weeknd、有名なコスプレ犬のDoug the Pugなどを自社で起用した結果、好奇心旺盛な若い新規オーディエンスの認知度が向上し、フォロワー数が260万人へと「劇的に増加」したそうです。

Karlie Klossesのような著名人を雇う余裕がないと心配している人でも大丈夫です。マイクロインフルエンサー(あなたのブランドを愛し、その理由について真正な内容を話すことができる一般人)も非常に有益な存在だからです。

 

@KodeWithKlossyによるブートキャンプがマイアミで無事終了しました。私たちの使命は、女性にコーディングスキルを身に付けてもらうことです。受講生たちは、私が今まで出会った中で最も創造的かつ情熱的で聡明な女性でした。
🌟
— @KarlieKloss

2017年11月14日午後4時04分(PST)にForbes(@forbes)がシェアした投稿

 

考慮すべきこと: 「長期にわたってインフルエンサーと協力し続けたいなら、彼らと真の関係性を築く必要があります」とKarwowski氏は話します。「ブランドは、以前のキャンペーン実績をもとにインフルエンサーキャンペーンを捉え、分析し、最適化しなければなりません。どのインフルエンサーに投資し続けるべきか、そして誰を段階的に廃止するか、セグメント化したリストを作成しましょう。当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、実は多くのブランドが苦労しています」。

 

目標: コンテンツへのトラフィック促進

 

Screen Shot 2018-02-22 at 6.56.23 PM.png

 

戦略: 投稿内容を厳選し、Instagram Storiesを制作する

実施内容: 「あまり活用されていないコンテンツ種類のひとつがInstagram Storiesです」とKarwowski氏は毎日2億5,000万人以上のユーザーが閲覧している機能に触れました。

Storiesは完璧なストーリーテリングメディアです。ユーザーは、写真・動画・GIF・グラフィックを、遊び心や親近感あふれるナラティブにまとめることができます。想像力に富んだアプローチを使えば、業界を問わず、今起こっているイベント、Q&A、プレビュー、舞台裏、製品レビュー、お客様の声、その他思いつく限りのクリエイティブなコンテンツを魅力的なメッセージとして伝えることができます。最近ではStory Highlightsという新たな機能が追加されたため、最高のコンテンツを長期間保存し、多くの人に閲覧してエンゲージしてもらうことが可能になりました。

 

Dell Instagram Stories.jpg

 

Dellは、コンテンツ戦略の中核としてInstagramを使用しています。Dellは、自社のポッドキャスト「Trailblazers」を宣伝する投稿とともに、最新エピソードをオーディエンスに通知・リマインドし、自社のiTunesプレイリストに誘導するためにStoriesを使用しています。同社は、スポンサードStoriesの「スワイプアップ」アウトバウンドリンク機能を通じて、10,000人以上のフォロワーを持つInstagramアカウントで通知・リマインド・誘導を直接行っています。「この機能は、トラフィックや収益を促進するうえで非常に強力な手段です」とKarwowski氏は述べています。

同様に財政的フェミニズムを支援するEllevestは、CEO兼共同創立者Sallie Krawcheck氏に質問をぶつける「Ask Sallie」ビデオシリーズの一部を定期的に投稿しています。Stories(ブランドがティーザーと、ブログコンテンツやニュースレターへのリンクを投稿する場所)にも表示されるよう、ビデオクリップにはグラフィックやキャプションが付いているため、高いエンゲージメントを見込むことができるのです。

 

バレンタインデーに光り輝くダイヤモンドの指輪や自宅の合い鍵をもらった人はいる?やったね。まずはクローゼットを一緒にすることから始めてみましょう。生活費の分担に向けて、Ellevestで口座を開設しましょう(プロフィール欄のリンクをクリック!)
👫
👬👭
#AskSallie

2018年2月20日午後6時42分(PST)にEllevest(@ellevest)がシェアした投稿

 

考慮すべきこと: 「多くのブランドがInstagram Storiesを活用しきれていない理由は、レポート作成ツールがなく、Storiesの追跡が困難だと考えているためです」とKarwowski氏は語ります。「投稿は24時間で消えてしまうため、コンテンツ自体をキャプチャすることも大変です。エンゲージメントをキャプチャするのはなおさらのことでしょう」。Storiesを記録するツールは多数ありますので、利用前にきちんと準備しておきましょう。そうすれば、追跡や測定がはるかに簡単な作業になります。

 

目標: 直販を推進する

 

Screen Shot 2018-02-23 at 12.38.38 AM.png

 

戦略: Instagramの新しいショッピング機能を統合する

実施内容: 昨年の春、Instagramはアパレルブランド・ジュエリーブランド・美容ブランドのモバイルeコマースをかつてないほど簡単かつ没入型にするために、新しいショッピング機能を導入しました。新たに追加されたショッパブル機能を使うと、小さなショッピングバッグのアイコンが表示され、ユーザーは簡単に商品を見つけ詳細を確認することができます。動画やプラットフォームで導入された複数枚投稿機能とは違い、利用できる写真は1枚だけです。会社のアカウントに繋がる商品カタログがあれば、写真に写っている人にタグを付けるのと同じくらい簡単に商品にタグ付けすることができます。

 

Zappos Instagram.jpg

 

「スワイプアップ」機能によって、Storiesも「ショッパブル」なコンテンツになりました。コンテンツとコマースの融合が成功しているのは、The Onesをおいて他にいないでしょう。The Onesは、クラシックスニーカーに焦点を当てたZapposの女性向けコンテンツマーケティングです。Zapposは、The Onesのコンテンツハブに掲載されている画像を使用して、クールなフィードや、ブランドの写真撮影、コラボレーション、さまざまなプロジェクト、貴重なハウツー、ユーザー生成型コンテンツを独占的に紹介する魅力的なStoriesを開発しました。タイミングによっては、商品説明や購入で製品の購入ページに飛ぶための「スワイプアップ」を促すクリエイティブなStoriesを公開しています。

考慮すべきこと: ブランドは、Storiesを使用して期間限定のクーポンや割引を提供することができます。この施策によってオーディエンスに緊急性を感じさせ、購入への行動を起こすように促します。先ほども注意しましたが、Storiesはすぐに消えてしまうため、あらかじめ追跡と報告の計画を立てましょう。

 

Anastasia DyakovskayaはNewsCredの寄稿者です。

 

元記事「Instagram Strategies for 2018: Social Media Content Marketing」は2018年2月26日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのAnastasia Dyakovskayaが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
コンテンツマーケティングチームは、常にチームの立ち位置を評価する立場にあります。つまり、業績のKPI測定から戦略に至るまで、プログラムの足並みを揃え、軌道に乗っていることを確認しなく
今、企業のマーケティング戦略に活用されているInstagram。この連載では、Instagramのビジネス活用を成功へ導くポイントを紹介。まずは現在のマーケティング事情をふまえ、Instagram活用のメリ
進化し続けるソーシャルメディアの世界で、Instagramはブランドにとって驚くべきビジネスポテンシャルを秘めたプラットフォームとして君臨し続けています。 Facebookが行った変更により、莫
コンテンツマーケティングにおいて核となるのは、消費者と企業・ブランド間のエンゲージメントです。そこで本コラム『デジタル・エンゲージメント』では、テクノロジーライターの大谷和利さんが
コンテンツマーケティングは常に創造的でなくてはなりません。コンテンツマーケティング担当者は、自社製品の情報をそれとなく共有し、ブランドロイヤルティを築き、つねにオーディエンスを引き
このインフォグラフィックシリーズでは、2018年のコンテンツマーケティングを方向づける上位5つのトレンドと、そのトレンドを自社のプログラムに取り入れて最高の結果を達成するための戦術を紹