favorit

NewsCredのCMP、Gartnerから2年連続最高評価を獲得

Gartnerは最近、コンテンツマーケティング・プラットフォーム(CMP)における第二回目のマジック・クワドラントを発表しました。覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、昨年の第1回報告書で当社は「Leader」に選ばれ、象限の一番右上に配置されました。本年度、NewsCredは2年連続で「Leader」に選出され、「Execution(実行能力)」・「Vision(ビジョンの完全性)」ともに最高評価を受けたことをご報告いたします。

 

2019 Magic Quadrant.png

 

NewsCredチームを代表して、心よりお礼を申し上げます。

この報告書は、当社の大切なお客様、パートナー、サポーターの皆様が、現在および将来の市場の要求に応えるNewsCredの能力をどう捉えているかを直接反映しているものだと考えています。そのため、Gartnerの「Leader」に2度選ばれたことを大変光栄に思います。また、この報告書はCMPの役割や、すべてのマーケティング担当者が使用できる共同技術の重要性を実証しているとも考えています。

私たちは、マーケティング担当者が頭一つ抜きん出るためにはシームレスで一貫したエクスペリエンスを提供しなくてはならないと信じ、この1年間、統合型マーケティングの概念を推進し始めました。そのビジョンを支持する形で当社のアプローチに軸足を置き、「コンテンツマーケティング」だけでなく、「マーケティングコンテンツ」の重要性を訴えてきました。これらは微妙な違いに見えますが、いずれも事業に大きな影響を与え、「コンテンツ」という共通のテーマを際立たせるものです。つまり、コンテンツはソーシャルメディア、デマンドジェネレーション、イベント、製品、マーケティングリーダーシップに至るまで、すべてのマーケティング機能をつなぐ結合組織と言えるでしょう。

そのため、当社は自身のルーツに忠実であり続けるとともに、お客様自身が統合型マルチチャネルキャンペーンを策定して、優れたコンテンツを計画・作成・管理・配信・測定 ができるように、ワールドクラスの製品開発に着手し、マーケティング担当者がバイヤージャーニーの全段階を通して購入者とつながる手助けをしてきました。私たちは、チームが協力して計画立案と作業が行えるようにサポートすることで、お客様の働き方を変革し、サイロを打ち破り、マーケティングの可能性を解き放っています。

 

当社のコンテンツマーケティング・プラットフォームは、マーケティング担当者による、マーケティング担当者のための専用技術です。

充実した機能と、グローバルな計画立案・コラボレーションツールを組み込んだ当社のコンテンツマーケティング・プラットフォームは、間違いなく現代のマーケティング組織にとって戦略上の最重要拠点となるでしょう。

しかしながら、お客様、パートナー、投資家、支持者の皆様がいらっしゃらなければ、決して実現できないことばかりでした。

今年は飛躍を遂げた1年でもありましたが、私たちの旅はまだ始まったばかりです!

GartnerがNewsCredを2年連続でコンテンツマーケティング・プラットフォームの「Leader」として認めた理由について知りたい方は、こちらからGartnerの報告書をダウンロードしてください(無料)

 

元記事「NewsCred Positioned as a Leader Again in Gartner’s Magic Quadrant for CMPs」は2019年4月5日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのShafqat Islamが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
コクヨ株式会社が運営する「WORKSIGHT」は、働く環境を考える企業キーパーソンに向けたワークスタイル戦略情報メディアです。1988年に創刊されたオフィスの先進事例を紹介する雑誌「エシーフォ
ポカリスエット、オロナミンCドリンク、カロリーメイト、ファイブミニ……。大塚製薬株式会社は、誰もが知っているこれらの製品の製造・販売と、医療用医薬品の製造・販売の両輪で事業を展開して
トーン・オブ・ボイスを規定した文書は、儀式として焼却してしまうべきです。やりすぎですか? もしかしたらそうかもしれません。しかし、ほとんどの文書にはまったく価値がないのです。 ト
コンテンツマーケティングは、記事を公開する前でさえも危険にさらされる可能性があります。 これは、「長期的なコンテンツマーケティングの成功に最大の影響を与える会話は、編集会議ではな
マツダ株式会社が運営する「ZOOM-ZOOM BLOG」は、同社における以前のテレビCM のキャッチフレーズと同じく、自動車の走行音を表現した擬音語をタイトルにしてしまうほど、クルマ作りに情熱を注
現在のようにコンテンツマーケティングが注目される以前から、ユーザーが求める情報を意識したコンテンツ提供を、自前の紙媒体とWeb上で行ってきた富士通株式会社。同社は、アマナが日本でのエ