favorit
Businessperson Looking At Contract Form Through Magnifying GlassBusinessperson Looking At Contract Form Through Magnifying Glass

長さは本当に関係ない? 全マーケターが2020年に周知すべきSEOの傾向

この記事では、2020年のSEOコンテンツに大きな影響を与えると思われる4つの傾向をご紹介します。

 

長さは関係ない – 重要なのは「どれだけ有益か」

デジタルマーケターとして、私たちはときどき、ハードで素早いルールに取り憑かれそうになります。それは、避けようがありません。なぜなら、私たちはベストプラクティスに従い、確実な公式を使用して、正確な結果を得るために適切なインプットを得るという、理解とアルゴリズムにもとづく業界で働いているからです。多くの場合、それが私たちにとってやりがいのあるものになっているでしょう。しかし、私たちが犯す間違いの1つは、答えが存在しないにもかかわらず正しい答えを探していることです。

コンテンツの長さの正解については、実際に正しい答えは存在せず、まだまだ議論の余地があるようです。正解はたくさん存在します。人々の注目が持続する時間は短いので、500ワードほどのブログが丁度いいでしょうか? 検索上位に入る結果を見てください。1,000ワードを下回ることが滅多にないと気づくでしょう。ならば、長い方が良いのでしょうか。ほとんどの読者はコンテンツの半分までしか到達しておらず、その多くがスクロールすらしていないという事実に反論することはできません。実際には、コンテンツの長さは何の意味も持たず、ましてや理想的な長さなど存在しません。重要なのは、質問にどれだけうまく回答しているか、または読者のニーズに応えているかということです。

私の経験では、長い方が短いより安全です。素晴らしい響きのブログタイトルを見かけ、リンクを開いて、中途半端にキーワードが詰め込まれた200語のコンテンツを目にすることほどイライラさせられることはありません。とはいえ、長文記事を読み始め、著者が300語のアイデアを3,000語にまで引き延ばそうとしていることに気付いたときも、同様に辛いものです。最終的には、コンテンツが長いほど良いのですが収益にはつながりません。

 

音声検索はあらゆることに疑問を感じさせる

「あなたの文章を声に出して読み上げてみてください」。それは、私が作家として耳にした最高のアドバイスかもしれません。また、音声検索は2020年までにすべてのオンライン検索によるトラフィックの半分程を占めると予想されています。自分の文章を声に出して読み上げない場合、Googleが代わりに読み上げてくれるようになります。インタラクションやコンバージョンを促進するのに十分な結果が得られることを確認しましょう。

ポイントは、音声検索がテキスト検索とは根本的に異なることです。平均的なテキスト検索のフレーズは約1〜3単語ですが、平均的な音声検索フレーズは約3〜6単語です。また、音声検索は質問として表現される可能性がはるかに高くなります。人々は、人に話しかけるように音声アシスタントに話しかけます。そのため、検索者のニーズを満たすことを望めば、コンテンツも同様に反応するはずです。

コンテンツが音声検索の大部分を吸収するには、あなたが慣れ親しんでいるよりもさらに会話調にする必要があり、ユーザーが求める質問への回答に磨きをかけなくてはなりません。質問に正面から答え、検索意図を理解し、不要な詳細を可能な限り排除したコンテンツは、音声検索のトラフィックのパフォーマンスが向上するため、今後数カ月から数年にかけてますます普及していくと予想されます。

 

0は1よりも大きい

音声アシスタントが人気の検索チャネルになった場合、Position Zero(掲載順位0位)の重要性が増します。ユーザーが音声検索のクエリを入力するたびに、アシスタントはポジションゼロの結果を読み取って残りを配信します。従って、ブランドが最初のページ全体の検索結果を支配していても、0位のスポットを占める競合他社は音声検索トラフィックの100%を吸い上げ、努力して獲得した掲載順位1位のコンテンツをクリック不足の状態にしてしまいます。

Gartnerによると、2020年には約3分の1の検索が画面なしで行われるとされています。つまり、掲載順位0位の結果以上は音声検索の目的では存在しないのです。ブログコンテンツやその他の書面には、増加する構造化データ量、リッチデータスニペット、そして掲載順位1位以上となるように特別に設計されたコンテンツが含まれることを想定しておいてください。これは、ローカルの要素を含むコンテンツ(音声検索クエリの大部分がローカル検索を中心としているため)およびボトムオブファネルによる検索においてとくに重要になります。

 

これからは、パーソナルで

パーソナライズされたマーケティングメッセージが機能することは間違いありません。 私たちは個人消費者の時代に生きており、人々は自分の好みや興味に合わせて調整されたソーシャルメディアのフィード、メール受信ボックス、モバイルエクスペリエンスに慣れ親しんでいます。その結果、検索やブラウジング中にエンゲージするコンテンツに対する期待もまた同様です。

広告に関して言えば、救済策は単純です。特定要因にターゲットを絞って広告を配信し、個々の顧客のコンテキスト、好み、販売チャネルにおけるポジションに関する認識を示せばいいのです。しかし、「生の」SEOコンテンツ(つまり、ブログ、ウェブサイトのコピー、ランディングページなど)については、それほど単純ではありません。どれだけ深掘りしたいかに応じて、フォーム、クイズ、アンケートを含め、カスタマイズされたコンテンツを提供する前に、誰に話しかけているか(訴求先)を正確に理解することができます。または、よりシンプルなルートを採ることで、異なるメッセージングに反応する可能性があるさまざまなペルソナにユーザーベースをプロファイリングすることもできます。

より調整され、トピックに焦点を当てたコンテンツが、今よりもさらに前面にでることを期待しています。繰り返しになりますが、顧客は実際に会話を交わし、自分のコンテキスト、好み、探し求めているものに対して理解を示してくれるコンテンツにエンゲージします。それらの要素をより細かな粒度で理解できればできるほど、共感を得やすくなるでしょう。

 

この記事は、The DrumのPaul Melisが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

元記事「It’s Not About Length: SEO Content Trends to Stay Ahead of in 2020」は2019年11月26日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事は、NewsCred BlogのThe Drumが執筆し、NewsCredのパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
(Your browser doesn't support iframe) コロナがもたらしたマーケティング上の課題 COVID-19がコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革的な影響を与えていることは周知
(Your browser doesn't support iframe)コロナ禍はデジタル通信に焦点を当てるCOVID-19がコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革的な影響を与えていることは周知の事実で
(Your browser doesn't support iframe) コロナ禍でも顧客エンゲージメントを維持するには   コロナがコンテンツ、マーケティング戦略、そして私たちの働き方に変革をもたらしてい
パンデミックの影響で米国全体の広告支出は著しく落ち込んでいるため、デジタル広告の成長にも歯止めをかける恐れがあります。2008年の景気後退以降、驚くべき成長をもたらした複占であっても、
Z世代は最近、ベビー・ブーマー(団塊世代)を上回り、消費者の最大のコホートになりました。マーケターが彼らを理解しようと奮闘していることにも納得がいくでしょう。新型コロナは物事を混乱
世界広告主連盟(WFA: World Federation of Advertisers)は、最新の調査でコロナウイルス・パンデミックに対応して世界的な大企業ブランドが広告費を長期的かつ大幅に削減する必要があると発表