favorit

コンテンツマーケティング

デジタルとデータ革命により、私たちは自分好みのコンテンツを欲しいものだけ消費できるようになりました。消費者は、コンテンツを受け取る時間と場所、コンテンツを消費するためのデバイスを自
2019年9月12日、東京では3年目、第3回目となる「ThinkContent Tokyo 2019」が開催されました。 「コンテンツの“最適化”でビジネスは加速する」と銘打って開催された今回は、ビジネスにコンテン
「SDGs」「プラスチック削減」「脱炭素社会への移行」...。 これらのワードをよく耳にする昨今において、多くの企業は、自社の事業を通した環境問題への対策を迫られています。しかし、逆を
世界各国の出版社やデジタルパブリッシャーが保有する“約5000メディア、4000万コンテンツ”の良質なライセンスドコンテンツを、独自のマネジメントシステム「コンテンツ・マーケティング・プラッ
ミキハウスが、「出産準備サイト」というわかりやすいネーミングのオウンドメディアを開設したきっかけは、実際に社員の方が我が事として感じた、初めての妊娠や出産、子育てに対する不安からで
NECが運営する「BUSINESS LEADERS SQUARE wisdom」(以下、wisdomと略す)は、国内外の最先端のビジネストレンドやテクノロジーの情報を発信する、ビジネスリーダーのためのオウンドメディアで
「ドラゴン桜」をはじめ、人気マンガのキャラクターもコンテンツとして並ぶ大和証券株式会社の「SODATTE」は、同社の社名や「マネーレッスン」などのカテゴリー名を見なければ、金融機関のコン
世界的に見てコンテンツマーケティングは、もはやそれ以外はマーケティングではないと考える専門家も現れるほど、ビジネスにとって不可欠な存在となっています。しかし、欧米と比べて、日本では