favorit

B2C

最近、世界ではインクルーシブ・マーケティング運動が起きています。裏返すと、この活動は自社の排外主義を押し売りし、特定層(エリート層)のユーザーにしかメッセージを送らないブランドはチ
先週コロラド州ベイルで開催されたDigidayのコンテンツマーケティングサミットでは、数十社ものブランドが集まり、課題・トレンド・ベストプラクティスについて意見を交わしました。その中で話
NewsCredの#ThinkContent Summit 2016で、NewsCredのCEO・共同創立者であるShafqat Islamは、コンテンツマーケティングの過去・現在・未来に対する考え、そしてNewsCredの行く末についての彼の
今日のコンテンツは通貨のようなものです。今まで以上に、マーケターはニッチな編集コンテンツ、美しいイメージ、魅力的な画像を使ってエンゲージメントや顧客獲得のエンジンを構築しています。
コンテンツマーケティングにおいて核となるのは、消費者と企業・ブランド間のエンゲージメントです。そこで本コラム「デジタル・エンゲージメント」では、テクノロジーライターの大谷和利さんが
私たちはコンテンツマーケティングについての戦略、オーディエンスの育成、配信、ROIに関するヒントやアドバイスを提供しています。制作したコンテンツやターゲットを誰にするのか、ということ
コンテンツマーケティングの分野はまだ若く、だからこそエキサイティングな分野でもあります。 ベストコンテンツマーケティングブランド50選の選出を通して、まだコンテンツマーケティングの
世の中は広告、動画、ブログ、キャンペーン、画像であふれかえっていて、コンテンツマーケティング活動で注目を浴びることは、ますます至難の業となりました。 コンテンツの制作と消費に関す