favorit

NewsCredのCMPでGoogleに愛されるコンテンツを制作する方法

これは、バレンタインに公開するTech Talkの特別記事です。2019年は、当社のCMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)に新たな機能を数多く搭載する予定です。そこで、この記事では検索エンジンに愛されるコンテンツの制作方法を紹介します。この記事を読むと、当社がContent Optimizerを構築した理由と、CMP機能によってマーケティングコンテンツを成功に導く方法がわかるはずです。

 


当社は、ターゲットオーディエンスに向けた最高品質のコンテンツを制作できるように、マーケティングの専門家として詳細なペルソナと概要を作成しています。簡単に説明すると、パフォーマンスマーケティングとは、「(正しい戦略で)長期的にクライアントと顧客に転換する可能性があるクオリファイドトラフィックを誘致すること」という共通ミッションを追求することです。

しかし、マーケティングコンテンツに対する一番の批評家は、私たちが意図するオーディエンスではありません。その批評家とはGoogleです。

マーケティング戦略とチャネルが爆発的に増えている昨今において、検索アルゴリズムは何かを発見するうえで強力な役割を果たします。コンテンツのパフォーマンスの多くは、オーディエンスがオーガニックで探している質問やトピックから求めるものを簡単に見つけ出し、理解し、何らかの価値を得られるかどうかに左右されます。価値のある最高なコンテンツを戦略的に最適化する組織は、オーガニックトラフィックを巡る競争で打ち勝つことができるでしょう。

事実、NewsCredは最近、当社が抱える200以上の企業組織の顧客ベースにもとづいて、SEOが勢いを増していることを示す新しいデータを発表しました。過去2年間(2017年から2018年)の間に、オーガニック検索によるトラフィックの割合は、すべてのクライアントで着実に増加しているのです。

 

私たちが一番伝えたいことは、マルチチャネルマーケティング戦術が急速に拡散されていても、あらゆる業界のマーケティングチームの焦点はSEOであり続けるべきだということです。かつて私たちは、コンテンツマーケティング担当者向けのSEOチェックリストを作成して公開しました。今では、マーケティング担当者が必要としているツールを直接CMPに組み込まれている機能です。

 

NewsCredを使ってマーケティング担当者がコンテンツを最適化する方法

昨年、NewsCredはIdea Labを発表しました。これは、コンテンツ制作者のキーワードリサーチやアイデア出しを支援するために、SEO・ソーシャルトレンド・競争優位性が高いドメインについてのインサイトや推奨事項を提供してくれるCMPのワンストップソースです。しかし、ランクインする可能性が高いトピックやキーワードの特定は、SERP(検索エンジンの検索結果ページ)を巡る戦いの一部にしか過ぎません…。

そのため、NewsCredはCMP内蔵のライティングアシスタントのContent Optimizerを開発しました。このツールを使えば、マーケティングチームは、読みやすさ・キーワードの使用状況・メタ情報の分析や推奨事項を理解し、上位にランクインするためにコンテンツを最適化させ、コンテンツの品質を定量化することができます。

Content Optimizer GIF v2.gif

CMPテキストエディター内にあるContent Optimizerパネルには、全体的なコンテンツスコア(文章の品質を判断するための集計スコア)や、最適化に関する分析と推奨事項が表示されます。コンテンツのスコア付けはリアルタイムデータを使用しており、以下の項目にもとづいています。

  • トピックの有効範囲: チャンスを秘めた分野を特定し、コンテンツがオーディエンスの期待に応えられるように、使用されているキーワードと欠けているキーワードを検証します(Idea Labのデータを使用して推奨事項をレビューします)。
  • ワードカウント: ワードカウントをライターに提案し(コンテンツの種類に合わせて手作業で調整可)、平均読書時間をすばやく計算します。
  • 読みやすさ: 文法、読みやすさ(わかりやすい文章かどうか)、段落の長さ、受動態、連続した文章、トランジションワード(furthermore, in addition to, thereforeといったつなぎ言葉)など、読みやすさを基準にコンテンツをスコア付けします。
  • キーワード分析: コピーを最適化し、オーガニック検索の視認性を高めるために、キーワード密度・アウトバウンドリンク・メタディスクリプションといったさまざまな基準でSEOの推奨事項を活用できます。
  • メタ情報: 「読みやすさ」と「キーワード分析」セクションのインサイトと推奨事項を利用して、タイトルタグ・メタディスクリプション・URLスラッグといったSEOの重要な3つのメタフィールドを最適化します。

これらの機能を使えば、コンテンツハブに掲載された長文記事を最適化するだけでなく、記事・ランディングページ・ニュースレターなど、すべてのデジタルコピーの関連性・読みやすさ・検索ランキングを確実に最適化することができます。

そして、その効果は抜群です。

あなたがこの記事を読んでいるのも、私たちが記事を最適化したからに他なりません。

Content Optimizer.png

Content Optimizerの詳細について知りたい方はお問い合わせください。

 

Anthony AiosaはNewsCredのシニアプロダクトマーケティングマネージャーです。

 

元記事「Tech Talk: How Our CMP Helps Create Content Google Will Love」は2019年2月14日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのAnthony Aiosaが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
今日の消費経済は10年前とは大きく様変わりしています。 Fotune500に名を連ねるブランドが、P&GやUnileverのような大手のブランドだけではなくなっているのです。現在、幅広い世代向けの
これは、バレンタインに公開するTech Talkの特別記事です。2019年は、当社のCMP(コンテンツマーケティングプラットフォーム)に新たな機能を数多く搭載する予定です。そこで、この記事では検索
20年以上も前から商業写真やエディトリアル(報道用)写真の第一線で活躍しているGetty Imagesは、ほぼ毎年、驚くほど正確で洞察に満ちた世界のビジュアルトレンドを予測しています。 2018年
あなたは、世界の80%の国々で動物実験を禁止する法律が未だ存在しないことをご存知でしょうか? The Body Shopは、立ち上げたばかりのForever Against Animal Testing(動物実験廃絶)キャ
最近、世界ではインクルーシブ・マーケティング運動が起きています。裏返すと、この活動は自社の排外主義を押し売りし、特定層(エリート層)のユーザーにしかメッセージを送らないブランドはチ
先週コロラド州ベイルで開催されたDigidayのコンテンツマーケティングサミットでは、数十社ものブランドが集まり、課題・トレンド・ベストプラクティスについて意見を交わしました。その中で話