Search

マーケットトレンド

Gartnerが再びNewsCredを“Leader”に選出した理由

誰もが、「一枚の絵は一千語に匹敵する」ということわざを聞いたことがあるでしょう。Gartnerのコンテンツマーケティング・プラットフォーム(CMP)に関するマジック・クワドラントも例外ではありません。

 

MQ (6) (1).jpg

 

このテックトークでは、NewsCredのプラットフォームにおいて、どの機能が評価され、マジック・クワドラントで最高評価を獲得したのかを深く掘り下げていきたいと思います。

 

Gartnerのマジック・クワドラントで“Leader”に選出

本年度、CMPに関する第二回目のマジック・クワドラントが発表され、NewsCredは2年連続で最も右上に配置されました(つまり、すべての項目で最も素晴らしい評価を受けたということです)。当社のCEOが話したとおり、これは大変名誉なことであり、現在および将来においてNewsCredの能力が市場の要求にどれぐらい応えているかを直接反映したものだと考えています。

当社は昨年から、統合型マーケティングに軸足を移し、(単にコンテンツマーケティングではなく)マーケティングコンテンツの重要性を訴えてきました。私たちは、コンテンツがマーケティング組織全体のおける共通の原動力となり、各部門・地域・事業をつなぐ結合組織になると気付きました。その気付きによって、顧客がずっと抱えてきた課題を解決するチャンスを見出したのです。つまり、チームをまとめ上げ、彼らの働き方を改革し、共同で計画・創造する力を与えることができれば、彼らが真のポテンシャルを解き放ち、パフォーマンスを向上させることができると考えたのです。

私たちは、コンテンツマーケティング・プラットフォームが、グローバルマーケティング組織にとって戦略上の最重要拠点になり得ると信じています。そのため、当社はワールドクラスのプラットフォーム(CMPの新しいバージョン)の構築に着手し、マーケティングチームが、マルチチャネルキャンペーンとそれを下支えするコンテンツを計画・共同制作・配信・測定するうえで一貫したソリューションを導き出せるようにしました。本年度のマジック・クワドラントは、当社のビジョンの正当性が評価された結果であると強く信じています。

この記事では、GartnerがNewsCredに最高評価を下した3つの要因と、すべてのマーケティング担当者が活用できるコンテンツマーケティング・プラットフォームの機能について紹介します。

 

1.「データドリブンな計画立案とパフォーマンス分析」

充実した分析機能を基盤に構築されたNewsCredのCMPは、計画立案から包括的なパフォーマンス測定まで各モジュールを継続的に最適化しています。そして、プラットフォーム全体で複数のデータソースを統合し、キャンペーンとコンテンツ作成のすべての段階でインテリジェントな推奨事項を提供し、顧客がデータに裏付けられた決定を下せるようにしています。

  • Idea Labは、SEO・ソーシャルトレンド・競合のシェアオブボイスといったデータを集約して、新しいキーワードとトピックに関する推奨事項を提供し、マーケティング担当者がクリエイティブなコンテンツやキャンペーンのテーマを通じてオーディエンスとエンゲージする手助けをします。
  • Operational Efficiency & Production Analytics(業務効率・生産分析)は、計画されている項目と生産されている項目を追跡して、チームが予定どおりにタスクを完了させるように促し、マーケティング組織の作業効率を改善します。
  • Campaign & Content Analytics(キャンペーン・コンテンツ分析)は、ファーストタッチエンゲージメントから成約を勝ち取ったアトリビューションまで、キャンペーンやコンテンツのエンドツーエンドの影響を測定し、マーケティング担当者がキャンペーンの状況をもとに、地域・ターゲットオーディエンス・テーマごとに共感を呼ぶ内容を把握できるようにします。

Campaign Analytics.png

2.「複雑なユースケースのサポート」

グローバルマーケティングチームの戦略拠点を築くには、高度なユースケースをサポートできる強力で柔軟な環境が必要です。NewsCredは、マーケティングチームの枠を越え、組織内の複数のグループがコラボレーションしてCMP内で作業ができる機能を提供しながら、企業組織が統合型マーケティングプログラムを効果的に拡張できるようにしています。

  • Global Campaign Planning(グローバルキャンペーン計画立案)を使用すると、チームが共同でキャンペーン戦略を開発することができるため、目的・ターゲットオーディエンス・メッセージング・コンテンツ計画・マーケティングミックスに関してチームメンバー全員が足並みを揃えることができます。
  • グローバルからローカルまで選べるインスタンス設定、柔軟なワークフロー、マルチフォーマットコンテンツ制作のサポートができるEnterprise-Ready Architecture(企業対応のアーキテクチャ)は、可視性が最大限に高まり、優れたコラボレーションが促進されるため、効率を向上させます。
  • Work Request(作業要求)では、組織の他の部門(例: 営業、製品、人事)から受けた場当たり的な要求を一元管理することができ、マーケティングチームは活動の優先順位付け・割り当て・実行を整備するのに役立ちます。

Homepage Timeline.png

3.「包括的で統合性の高いプラットフォーム」

完全なエンドツーエンドのソリューションを提供するためには、コアプラットフォームの枠を超えて機能を拡張しなくてはなりません。NewsCredは、堅実なキャンペーン計画立案とコンテンツ作成機能、主要システムと無料コンテンツ・サービスへのシームレスな統合を組み合わせることで、マーケティング組織があらゆるタッチポイントでコンテンツを配信し、一貫したクロスチャネルコンテンツエクスペリエンスが提供できるようにサポートしています。

  • 関連性の高いライセンスドコンテンツやオリジナルコンテンツの最大市場、戦略的アドバイザリーサービスを含むContent & Professional Service Offerings(コンテンツ・プロフェッショナルサービス)は、プラットフォームを補完し、完全なエンドツーエンドのソリューションを提供します。
  • Library(ライブラリ)は、各部門と複数のマーケットを抱えるチーム間の検索と全利用履歴を追跡し、誰が・どのコンテンツを・いつ再利用しているかを明確にする、コンテンツとブランド資産の一元管理機能です。
  • コンテンツ管理システム、ソーシャルメディア管理、マーケティングオートメーション、CRMなど、MarTechスタック全体にわたるNative Integration(ネイティブ統合)によって、コンテンツの配信や利用率を最大化することができます。

Library.png

Gartnerの報告書の無料コピーはこちらから入手できます。NewsCredのコンテンツマーケティング・プラットフォーム(CMP)について詳しく知りたい方は当社にお問い合わせいただき、デモをリクエストしてください。

 

Anthony Aiosaは、NewsCredのプロダクトマーケティング担当ディレクターです。

 


この画像はGartnerが調査資料の一部として公開したものであり、資料全体と関連付けて評価する必要があります。Gartnerの資料はNewsCredウェブサイトからご請求いただけます。

Gartnerは、調査資料に記載されているベンダー、製品、またはサービスを保証するものではなく、テクノロジーユーザーに対して、最高評価またはその他の指名行為により特定のベンダーのみを選択するよう勧めるものではありません。Gartnerの調査資料には、Gartnerの調査組織による意見を記載しており、その意見を事実として解釈しないものとします。Gartnerは、商品性や特定の目的に対する適合性の保証など、本調査に係わる明示または黙示の保証を一切行わないものとします。

 

元記事「Tech Talk: Why Gartner Named NewsCred a Leader — Again」は2019年4月11日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのAnthony Aiosaが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。