favorit
Magnifier on computer keyboardMagnifier on computer keyboard

テクニカルSEO(内部対策)〜その全貌とコンテンツマーケティング戦略に与える影響

検索数の多いトピックのコンテンツを制作するうえでオンページSEOが欠かせないということは、コンテンツマーケティング担当者(およびブランド)をはじめ、周知の事実です。しかし、オンページSEO戦術に夢中になるあまり、コンテンツマーケティング戦略の重要な要素である「テクニカルSEO」を見逃している(あるいは無視している)場合があります。

テクニカルSEOと聞くと、専門的で分かりづらいものだと怖気づいてしまうかもしれません。マーケティング担当者なら誰もが知るように、健全性が基準値に達しているサイトを確立することは容易ではなく、有効なものにするには技術的な専門知識とチーム間のコラボレーションが必要です。さらに、新しいサイトを構築する際にはテクニカルSEOのベストプラクティスを考慮することが不可欠ですし、エラーやサイトの健全性の問題を特定するために既存のサイトを継続的に監査することも重要です。

コンテンツマーケティング担当者が取るべき最初のステップは、テクニカルSEOの基本を理解し、注力しながら包括的な戦略に組み込むことです。この記事では、テクニカルSEOの全貌、テクニカルSEOの監査を実施する際に確認すべきダウンロード可能なチェックリストを紹介します。

 

テクニカルSEOとは?

テクニカルSEOとは、検索エンジンによるサイトのクロール・インデックス・ランク付けを容易にするために、ウェブサイトのバックエンドやサーバを最適化させることを言います。これは、ウェブサイトの構築方法や、サーバーからユーザーへの情報の伝達方法など、さまざまな側面を包括した用語です。つまり、テクニカルSEOは「内部的な」ベストプラクティスだと捉えることができます。テクニカルSEOは一見サイトからは見えませんが、全体的な方向性を左右するものです。事実上、サイトのバックエンドに存在するものは、サイトを構築しているコーディング言語など、テクニカルSEOの品質に影響を与えています。

そうした状況を防ぐ、テクニカルSEOに関する重要な問題は以下のとおりです。

  • XMLサイトマップの欠如
  • Robots.txtファイル
  • コンテンツの重複
  • ボディコピーの重複
  • メタディスクリプションの重複
  • ブラウザタイトルの重複
  • H1の重複
  • 長すぎる/短すぎるブラウザタイトル
  • 長すぎる/短すぎるメタディスクリプション
  • キーワードのカニバリゼーション
  • 404エラー
  • URL正規化タグ「rel=“canonical”」のエラー
  • リダイレクトチェーン
  • HTTPSセキュリティ/リダイレクトの問題
  • オーファンページ
  • (コンテンツの重複の問題を引き起こす)URLパラメータ
  • ページの表示速度
  • モバイル対応済みか否か
  • 破損した画像ファイル
  • SSL証明書の問題
  • hreflangタグの問題

各問題の意味や解決方法については、「テクニカルSEO監査チェックリスト」の全文をご参考ください。

 

テクニカルSEOはオーガニックトラフィックにどのような影響を与えるのか?

ウェブサイトが健全に機能していないと、どんなにコンテンツ制作に時間をかけ、オンページSEOの専門知識やリソースを活用しても、オーガニックトラフィックを誘致できる見込みがなくなります。オーガニックトラフィックがウェブサイトの全トラフィックの35~51%を占めていることを考えると、その重要な分け前を逃してしまうということです。

サイトの健全性がオーガニックトラフィックに悪影響を与える理由は2つあります。

  1. サイトの健全性はクローラビリティに影響を及ぼすため: テクニカルSEO違反のほとんどが、ランキング(つまりトラフィック)に悪影響を及ぼします。なぜなら、検索エンジンによるサイトのクロール・インデックス・ランク付けが、何らかの形で妨害されるからです。たとえば、404エラーが多すぎると、検索エンジンのクローラーが行き詰まり、すべてのコンテンツをクロールできなくなる可能性があります。あるいは、サイト内すべてのURLがXMLサイトマップに含まれていないと、クローラーがサイトマップに含まれないコンテンツを見つけにくくなってしまいます。あなたのコンテンツをボットにナビゲート・理解してもらうために、可能な限り「クローラブル」で健全なサイトを構築すべきです。
  2. サイトの健全性の問題はユーザビリティに影響を及ぼすため: Googleなどの検索エンジンはユーザーの要求に応じるためにアルゴリズムを設計しています。彼らは長年にわたって、優れたユーザーエクスペリエンスをもたらすコンテンツを支持し、ユーザーエクスペリエンスがお粗末なコンテンツの価値は下げる(さらには罰する)ように進化してきました。モバイル対応済みのコンテンツが高くランク付けされるのは、この原則の実例です。コンテンツを消費するためにモバイル機器を使用する人が増えるにつれて、Googleは優れたユーザーエクスペリエンスを保証したかったのでしょう。そのため、2015年には、モバイル対応がより重要なランキング要素になりました(つまり、サイトがモバイルに対応していないと、ランキングが下がってしまうのです)。このような大きな行動様式の変化でなくとも、ユーザビリティの原則はテクニカルSEOの中核に組み込まれています。ページ表示速度の遅さ、セキュリティの問題、コンテンツの重複はすべて、ユーザーエクスペリエンスの低下につながる要因です。Googleがこれらの問題を抱えたコンテンツを低く評価するのはそのためです。

 

テクニカルSEOは他のトラフィックチャネルにどのような影響を与えるのか?

あなたがSEOの経験豊富な専門家であろうと、初心者であろうと、テクニカルSEOの監査を実施する方法、結果を解釈する方法、問題を解決する方法を学ぶことは有益です。テクニカルSEOの監査を完了するための基本的な手順をご紹介します。

クロールを実行して問題を特定しましょう: サードパーティのSEOツールを使用してウェブサイトをクロールし、おもな問題を特定しましょう。この機能を備えたサードパーティのSEOツールは、SEMrush、Screaming Frog、DeepCrawl、Botifyなどです。多くのクロールツールでスキャンできるテクニカルSEOの一般的な問題は、このチェックリストに掲載されています。

優先順位を付けて計画を策定しましょう: 大半のクロールツールは、問題の深刻度にもとづいて優先順位を付けています。もっとも影響が大きな問題から解決策を実装するためのスケジュールを設定しましょう。クロールの結果によっては、すぐに対処できる簡単な問題(例:404エラー)も、規模が大きくかなりの時間とリソースを必要とする問題(例:ページ表示速度)も対応しなくてはなりません。

チームと協力して修正を実装しましょう: 組織に専任のSEOチームがあるかどうかにかかわらず、大規模な技術の変更を実装するには、技術チーム・開発チーム・UXチーム・コンテンツマーケティングチームで情報を共有してください。

同じことを繰り返しましょう: 主要な技術的修正を実装したら、問題が解決したことを確認するために2回目のクロールを実行しましょう。また、サイトの健全性を保つために、少なくとも年に1回は包括的なテクニカルSEO監査を実施しましょう。ただし、サイトの健全性を継続的に監視し、大きな問題が発生した場合にアラートを出せるように、サードパーティのSEOツールを使用することをお勧めします。

テクニカルSEOはコンテンツマーケティングの成功を左右する重要な要素です。高品質なコンテンツを制作するにしても土台が必要です。サイトが健全に機能していることが確認できれば、コンテンツはチャネルを超えて拡散されるでしょう。

 

NewsCredのContent Marketing Platformは、あなたのコンテンツがチャネルを越えて成功を収める手助けをしています。詳しく知りたい方はデモをリクエストしてください。

 

元記事「Technical SEO: What It Is & How It Impacts Your Content Marketing Strategy

は2019年5月14日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのRegina DiPernaが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
NECが運営する「BUSINESS LEADERS SQUARE wisdom」(以下、wisdomと略す)は、国内外の最先端のビジネストレンドやテクノロジーの情報を発信する、ビジネスリーダーのためのオウンドメディアで
私たちはみな、ブランドが力を入れる「1年に1度」の瞬間や「一生に数回」の瞬間を身近に感じています。たとえば、TacoBellは毎年Friendsgiving(感謝祭の前後にご馳走を友人と分け合うこと)向
「ドラゴン桜」をはじめ、人気マンガのキャラクターもコンテンツとして並ぶ大和証券株式会社の「SODATTE」は、同社の社名や「マネーレッスン」などのカテゴリー名を見なければ、金融機関のコン
グランドジェスチャー(大胆な意思表示、派手なパフォーマンス、サプライズ)は、大半の人にとって日常的な出来事ではありません。 グランドジェスチャーを受けたことがない人や、発信したこ
動画広告は現在、まさに過渡期にある。これまでは「接触・認知」から「購入」へ至るマーケティングファネルのうち、最上部と最下部に力点が置かれ、両者の間を埋めるべきものにはそれほど注意が
株式会社マネーフォワードが運営する「Money Forward Bizpedia」は、会計や確定申告、人事労務といったバックオフィス業務の効率化をサポートする情報が、税理士や公認会計士などのプロフェッシ