Search

マネジメント

すべてのエグゼクティブに向けたリーダーシップの必読書: 『Team of Teams』

この記事では、NewsCredCEO・共同創立者であるShafqat Islamが、すべてのエグゼクティブに向けたリーダーシップの必読書について説明します。

私は、当社のエグゼクティブチーム全員に、米国の退役将軍Stanley McChrystal氏が執筆した『Team of Teams』(チーム・オブ・チームズ: 複雑化する世界で戦うための新原則)を読ませています。それだけでなく、この本はリーダーである私に大きな影響を与えてくれたので、NewsCredの全マネージャーにも読むように勧めています。

私に『Team of Teams』を紹介してくれたのは、友人でありCEO仲間でもあるShopifyCEOTobi Lütke氏でした。偶然にも数週間後、FirstMark CapitalNewsCredに投資してくれている会社)が、著者のMcChrystal氏をCEOデーに迎え入れたのです。私は、そこで聞いたイラク戦争における実例とリーダーシップに関する彼のメッセージに圧倒されました。

もちろん、ビジネスの舵取りに奮闘することは、ファルージャの街における白兵戦とはまったく異なります。しかし本書には、あらゆる企業のリーダーが活用・適用できるシンプルかつ強力な2つのコンセプトが記されているのです。

  • 組織の末端に決断・意思決定させること
  • 意識を共有して実践すること

 

Team of Teams.jpg

組織の末端に決断・意思決定させる

トップダウンで、なおかつ階層的な組織構造の古典的な例が米軍です。通常、「指揮統制」構造と呼ばれるこの組織形態は、一番上の階層で意思決定が行われ、それが一方向(下)に向かって流れていきます。ほとんどの企業はデフォルトで階層化されていますが、それ自体が問題ではありません。問題は、その構造がしばしば間違った決定や判断の遅さにつながるということです。

間違った決定が下される理由は、目の前の状況に関する多くの知識や詳細な情報、現実世界の文脈を理解しているのが(イラク戦争では文字通りの意味、企業では比喩的な意味で)地上で戦っている人々だから、ということにあります。エンジニアはコードの複雑さを知っています。営業担当者は市場からの最新のsales objection(セールスで提供しようとしている商品やサービスに対して顧客がよく使う断る理由)を知っています。しかし、意思決定を行う一番上の階層にいる人々は、詳しい情報をほとんど持っていません。

同様に、地上の兵士は、ある特定の時刻に特定の地域をナビゲートするのがどれほど難しいかを知っています。イラク戦争の場合、McChrystal氏は最終的に地上の兵士にすべての支配権を譲渡し、襲撃に関する決定を彼らに行わせました。それまでは彼がすべての襲撃をひとつずつ承認し、襲撃する回数は1日に1回未満でした。しかし、彼が司令官を務めていた時代が終わる頃には、意思決定権が地上の兵士たちに移譲され、襲撃の回数も112回以上に増えました。

これをNewsCredに当てはめると、開発者と営業担当者が重要な意思決定を行えるように、彼らに権限を与えることを意味します。つまり、どのような若手であっても、組織内の全メンバーがあらゆる動きに対してトップダウンの承認を必要とせずに意思決定を行えるようにすることでもあります。

そうすることで、より良い意思決定と企業のスピードも上がるのです。McChrystalによると、メッセージや命令が指揮命令系統を辿るだけで24時間が経過し、情報が古くなってしまいます。同様に、社内の意思決定が委員会の元(あるいは最悪なことにCEOの元)に届くまでに、私たちは貴重な1日、1週間、または1カ月を失います。どのような会社であっても、スピードは競争上の優位性を獲得するものですが、私たちはそれを捨て去っているかもしれないのです。

Stanley McChrystal.jpg

米国の退役将軍Stanley McChrystal

意識を共有して実践する

組織の末端に決断・意思決定させるというコンセプトを初めて聞いたときに直感的に思ったことは、「理論的には素晴らしいけれど、実際にどのように機能しているのだろう? 人々が間違った決定をしないとなぜわかるのだろう?」ということでした。

これらは、どのリーダーにとっても普通の質問です。しかし、「意思決定の質」のジレンマに対する解決策は、意識を共有する考え方と緊密に関連しています。

組織の誰もが優れた意思決定を下すためには、優れた情報が必要です。優れた情報は、意思決定のスピードが増し、権限を持った人が組織の末端で増えるにつれて、とくに重要になります。シンプルな概念ですが、根本的な透明性が必要なため、実行は簡単なことではありません。

McChrystal氏の場合、彼は統合特殊作戦コマンドのすべてのメンバーを招待して毎日ビデオ会議を行いました。そこには何千もの人が参加しました。以前はトップシークレットとして保護されていたすべての情報が共有されました。機密漏洩の小さなリスクより、より速く、より優れた意思決定がもたらす利益の方が遥かに大きなものでした。

NewsCredの場合、すべての機会で同じ内容を何度も繰り返し伝えることを意味します。私はいつも「人々が少し不快に感じるくらい繰り返し伝えるべきだ」と話しています。とはいえ、私たちは国家安全保障情報を共有しているわけではないので、将軍に比べれば安心・安全です。NewsCredでは、ボードデッキ(役員会議資料)と財務諸表を共有しています。そして、チームのメンバーが作業内容を伝えるために、金曜日にDemo Daysを行っています。また、自分の考えていることを毎週全社にメールしています。全員に情報を共有すると、意識の共通化を達成することができるからです。

次に何が起こるのか?

私が初めて『Team of Teams』を読んでから数年が経ちました。本著の考えが今ほど当てはまる時代はありません。組織はサイロ化され、生産性の低下、取り組みの重複、予算の浪費、そして最終的には収益の低下につながっています。マーケティングの分野では、マーケティング担当者が調整し、取り組みの足並みを揃え、迅速に適応し、最適な結果を生み出すのに必要な可視性が欠けています。ほとんどの企業が、意識の共有までには至っていないのです。

しかし、グローバルでありつつも、ますます断片化している現在のデジタル世界で成功を収めたいならば、この慣習を変えなければなりません。NewsCredは、組織の末端に決断・意思決定させるというMcChrystal氏のコンセプトを導入しただけではありません。マーケティング組織をサイロ化されたチームから統合型チーム・オブ・チームズに変える手助けをするために、NewsCred Content Marketing Platformを開発して支援を行なっています。このプラットフォームは、最新かつ正確、そして信頼できる情報源となり、マーケティング担当者は各領域で最も影響を与える決定者になり得るのです。今後、数週間でさらなる詳細をお伝えできるように調整中です。

働く方法を変えることは容易ではありません。しかし、従業員に最高のパフォーマンスを発揮するために必要な情報、技術、権限を与えることで、私たちは最終的に成功を収める逞しい企業を築くことができるのです。

 

Shafqat IslamはNewsCredCEO・共同創立者です。

 

この記事は20161215日に公開された後、2018531日に更新しています。

 

元記事「The Leadership Book Every Executive Must Read: “Team of Teams”」は2018531日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogShafqat Islamが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。