favorit

ブランドにとってコンテンツマーケティングが必要な理由

コンテンツマーケティングとは、ブランドが非宣伝なコンテンツで顧客とオールウェイズ・オンの関係を築き、あらゆるインタラクションで価値を提供するというデジタルマーケティングの一種です。コンテンツマーケティングは、たんなるブログ記事や編集戦略以上のものへと進化し、今では、メール・ソーシャルメディア・SEO・有料配信など、幅広いデジタルマーケティング戦略でターゲットオーディエンスにリーチする総合的なアプローチとなっています。

コンテンツマーケティングプログラムを立ち上げるためにビジネスケース(投資対効果検討書)を構築する場合も、既存のプログラムを改善する場合も、コンテンツマーケティングの全体像とコンテンツマーケティングがブランドとターゲットオーディエンスに提供できる価値について、あなたとステークホルダーが共通の理解を深めなくてはなりません。

私たちは、その手助けをするために今までに公開したリソースをまとめました。この記事では、コンテンツマーケティングの定義やよくある質問だけでなく、トップブランドの事例や、ROIを明確化するための統計も紹介したいと思います。

コンテンツマーケティング担当者はさまざまな種類のコンテンツを作成して、バイヤージャーニーのあらゆる段階で人々を引きつけ、エンゲージさせ、コンバートさせましょう。

 

バイヤージャーニー_01.png

 

現代は、コンテンツマーケティング担当者にとってエキサイティングな時代です。私たちは今、コンテンツマーケティングのパフォーマンスの世紀に生きています。感動的であっても測定が難しいコンテンツ、または顧客をいらつかせつつも追跡しやすい広告のどちらかを選択する必要はありません。今は、テクノロジーによって、信じられないほど素晴らしいコンテンツを生み出し、その業績を測定できるようになっているからです。

 

企業はなぜコンテンツマーケティングを実施すべきなのでしょうか?

今日の世界において、コンテンツは必要不可欠です。コンテンツマーケティングは、企業のデジタル戦略の中心に位置しなければなりません。ユーザーがブランドとやりとりできるオンラインとオフラインのタッチポイントが無数に存在しているため、カスタマージャーニーはますます複雑になっています。

 

Buyer Journey.png

 

ターゲットにリーチすることはますます難しくなっていますが、オーディエンスは、ブランドが魅力的なコンテンツで自分たちにリーチすることを望んでいます。

Havas Groupの2017年Meaningful Brands調査によると、84%の人々が、企業がコンテンツを制作することを期待しているそうです。

 

Content Marketing_Meangingful Brands.png

出典:2017年Meaningful Brands調査、Havas Group

 

コンテンツマーケティングはどのように機能しますか?

コンテンツは、広告と違って大々的に宣伝するものではありません。ブランドは、コンテンツマーケティングによってストーリーテラーへと変わり、消費者が望んだり必要としたりするコンテンツを提供することができるます。顧客と見込み客は、楽しませてくれるコンテンツ、インスピレーションを与えてくれるコンテンツ、教育的なコンテンツ、ためになるコンテンツを求めています。しかし、彼らは絶え間ないセールスプロモーションを望んではいません。

重要なのは、あなたのコンテンツがブランドとオーディエンスの両方に利益をもたらすことです。以下の図のように考えてください。

 

Content marketing definition.png

 

Marriott Internationalのコンテンツマーケティングアドバイザー兼グローバルクリエイティブ&コンテンツマーケティング担当VPであるDavid Beebe氏の言葉は、このことを端的に表しています。「コンテンツマーケティングとは、初デートのようなものです。自分のことだけを話し続けても、2回目のデートはないでしょう」。

高品質かつ過剰に宣伝されていないコンテンツでユーザーに価値を提供し続けることができれば、彼らは毎日あなたと過ごしてくれるはずです。彼らは、あなたのソーシャルメディアをフォローし、メールのニュースレターにサインアップし、ブログを頻繁に訪れ、あなたのコンテンツが掲載されているすべてのチャネルとインタラクションを行うでしょう。

さらに、人々は検索エンジンを通してあなたのコンテンツを見つけることができます。顧客があなたの事業に関連した質問をGoogleで検索すると、コンテンツがその回答を提供してくれるでしょう。

 

コンテンツマーケティングはなぜ効果的なのですか?

まず、コンテンツマーケティングを運用すると、あなたの顧客と「オールウェイズ・オン型」の関係を持つことができます。つまり、顧客が購入を考えていなくても、毎日彼らとエンゲージできるのです。広告掲載は、通常、大きな浮き沈みがあります。キャンペーンの実行によってトラフィック・エンゲージメント・売上は急増しますが、終了した途端にこれらの数字が急落してしまうのです。

一方、コンテンツマーケティングでは、オーディエンスと継続的なエンゲージメントを維持することができます。押し売りでなはなく感動的で有益なコンテンツをオーディエンスに提供すれば、彼らは検討と購入の合間でもあなたとエンゲージしてくれるでしょう。

 

オールウェイズ・オン型コンテンツの価値

従来の広告キャンペーンに見られる浮き沈みではなく、コンテンツの配信は継続的なエンゲージメントを維持します。

Always-on content marketing.png

つまり、基盤を築き、より高いベースラインから始めることができるため、マーケティングキャンペーンが成功する確率が上がるのです。

 

コンテンツマーケティングが重要なのはなぜですか?

コンテンツマーケティングはROIを高めてくれるからです。ROIを高める仕組みはおもに2つあります。

  • マーケティングの影響を受けた収益を向上させる: コンテンツマーケティングを通じて、リード、コンバージョン、アップセル/クロスセルの収益を向上させることができます。
  • ブランドエクイティを高める: 効果的なコンテンツマーケティングプログラムによって、ブランドの認知度、ロイヤルティ、価値を高めることができます。

 

コンテンツマーケティングの効果や必要性を証明している統計を教えてください。

 

コンテンツマーケティングの事例を教えてください。

コンテンツマーケティングを理解するには、他社のお手本を見るのが一番早いでしょう。2017年度、私たちは感動的で魅力的、さらに革新的な取り組みでコンテンツマーケティング分野をリードしている50のブランドに#ThinkContent Awardsを授与しました。受賞者には、EquinoxのFurthermoreRue La LaMorgan StanleyJetBlueJohnson&Johnsonが名を連ねています。

彼らの取り組みはこちらをご覧ください。

 

Furthermore_Equinox.png

コンテンツマーケティング戦略とは何ですか?

コンテンツマーケティング戦略とは、ブランドの目標、成功の評価基準、プロセスを定義する、プログラムの真の基盤です。戦略を構築する際には、ドキュメントの作成をお勧めします。そうすれば、コンテンツマーケティングで達成したいことについて、主要なステークホルダーと相互理解ができるでしょう。

戦略には以下のものが含まれます。

  • 目標
  • 成功の評価基準とKPI
  • 人口統計や心理学的属性で定義したターゲットオーディエンス
  • コンテンツ戦略:コンテンツピラー(コンテンツの柱)、公開頻度、チームの役割と責任
  • 配信戦略
  • 報告と測定のフレームワーク

コンテンツマーケティングの戦略ドキュメントの作成について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

 

コンテンツマーケティングにおける参考記事:

NewsCred_ThinkContent.jpg

 

NewsCredのコンテンツマーケティング実践方法

コンテンツマーケティング担当者の仕事に終わりはありません。NewsCredは、常に最新の学び、所見、インサイト、テクノロジーをもとに戦略を更新し、最適化し続けています。そしてこれこそが、コンテンツマーケティングの一番エキサイティングなところでもあるのです。当社は10年近くビジネスを続けてきましたが、この分野とともに進化できることは喜ばしく魅力的なことです。私たちは、コンテンツマーケティング業界の現状と当社の戦略・学びに目を向けて、当社が体験したケーススタディを毎年恒例としてまとめています。この記事では、コンテンツを使用して業績を向上させるためのベストプラクティスを紹介しています。

 

Content Marketing Success.jpg

 

コンテンツマーケティングのパフォーマンスの世紀へようこそ

現在のマーケティング担当者は素晴らしい機会を手にしています。テクノロジーによって、信じられないほど素晴らしいコンテンツを作成し、目に見える業績を測定することができるからです。私たちはこれを「コンテンツマーケティングのパフォーマンス世紀」と呼んでいます。NewsCredは、並外れたコンテンツを作成してROIの実証に取り組むブランドを支援するために存在しているのです。

 

What is content marketing and why you need to understand it.png

 

さまざまな事業内容のブランドとともに仕事をする中、いくつかの質問が繰り返し登場しました。コンテンツマーケティングとは何ですか? コンテンツマーケティングが重要なのはなぜですか? なぜ、マーケティング担当者はコンテンツマーケティングを気に掛けなくてはならないのですか? マーケティング担当者は何をすべきですか?この記事では、コンテンツマーケティングに関する基本的な質問に答えます。

 

insights-top50-twitter-d (2).jpg

 

【2017年版】ベストコンテンツマーケティングブランド50選: NewsCredの#ThinkContent Awards

2017年に新設されたNewsCredの#ThinkContent Awardsは、一流のコンテンツマーケティングブランドを讃える賞です。彼らのアプローチは新鮮で革新的、そして創造的です。さらに素晴らしいことは、これらのブランドが、パーソナライゼーションを使用して適切なコンテンツを適切なタイミングで提供したり、新しいコンテンツフォーマットを活用したり、ROIを測定したりするなど、コンテンツマーケティングの最も切迫した問題の解決策を見つけ出していることです。

 

Documented content marketing strategy.jpeg

 

コンテンツマーケティングの戦略ドキュメントを作成する方法

コンテンツマーケティングの戦略をドキュメント化することで、よりスマートに、効率的に、効果的な活動ができます。良いコンテンツ戦略は、ビジネスの課題と、その解決にコンテンツを有効活用する方法を明確にします。包括的な戦略ドキュメントを作成すると、あらゆる取り組みで考慮すべき要素を確認できます。この記事を読めば、コンテンツマーケティングプログラムのあるべき姿を整理でき、その考えを正確なドキュメントにまとめ、チーム全体が戦略に従う方法を身につけることができるでしょう。

 

Quality Checklist_Content Marketing.jpeg

 

品質チェックリストを用いてコンテンツマーケティングの価値を高める方法

シンプルなチェックリストを使用すれば、コンテンツの品質を大幅に向上させることができます。これは、すべてのマーケティング担当者が持つべきツールです。コンテンツマーケティング戦略の一部に品質チェックリストを作成することで、あなたとステークホルダーは、コンテンツマーケティングのゴールから外れずに、一連の基準を決めることができるようになります。記事制作にその基準を適用すれば、採用すべき記事を評価できるようになり、チェックリストを配布することによって、寄稿者はあなたが何を期待しているのかが明確に伝わります。組織内の他部署などにチェックリストを共有すれば、コンテンツで達成したいことを理解してもらうことができます。

 

ilya-pavlov-87472.jpg

 

戦略・デザイン・配信 〜コンテンツマーケティングの3つの重要な側面

オーディエンスを獲得するには、強力なコピーと魅力的なクリエイティブ以上のものが必要です。ブランドや代理店は、ニーズが拡大している関連性が高くパーソナライズされた高品質なコンテンツに対応するよう努めています。コンテンツマーケティングは44億ドル規模の業界へと進化し、クライアントサイドのマーケティング担当者の39%が最優先課題であると考えています。そうした状況から、詳細なケーススタディとコンテンツマーケティングのニーズに対応するヒントを集めたホワイトペーパーを作成しました。

 

元記事「What Is Content Marketing? [RESOURCE]」は2017年8月24日にInsights.newscred.comに掲載されました。

 

この記事はNewsCred BlogのNewsCredが執筆し、NewsCredパブリッシャーネットワークを通じてライセンスされたものです。ライセンスに関するお問い合わせはlegal@newscred.comまでお願いいたします。

 

また、日本におけるNewsCredパブリッシャーネットワークに関してはNewsCred by amanaまでお問い合わせください。

Related Articles
コンテンツマーケティングチームは、常にチームの立ち位置を評価する立場にあります。つまり、業績のKPI測定から戦略に至るまで、プログラムの足並みを揃え、軌道に乗っていることを確認しなく
今、企業のマーケティング戦略に活用されているInstagram。この連載では、Instagramのビジネス活用を成功へ導くポイントを紹介。まずは現在のマーケティング事情をふまえ、Instagram活用のメリ
進化し続けるソーシャルメディアの世界で、Instagramはブランドにとって驚くべきビジネスポテンシャルを秘めたプラットフォームとして君臨し続けています。 Facebookが行った変更により、莫
コンテンツマーケティングにおいて核となるのは、消費者と企業・ブランド間のエンゲージメントです。そこで本コラム『デジタル・エンゲージメント』では、テクノロジーライターの大谷和利さんが
コンテンツマーケティングは常に創造的でなくてはなりません。コンテンツマーケティング担当者は、自社製品の情報をそれとなく共有し、ブランドロイヤルティを築き、つねにオーディエンスを引き
このインフォグラフィックシリーズでは、2018年のコンテンツマーケティングを方向づける上位5つのトレンドと、そのトレンドを自社のプログラムに取り入れて最高の結果を達成するための戦術を紹